初心者でも超簡単 Jw_cad | 累進寸法の入力方法

Jw_cad 累進寸法の入力方法

スポンサーリンク



累進寸法と言っても、何のことだか ┐(?ヘ?)┌
と思う人もいるのではないでしょうか?

 

累進寸法とは、簡単に言ってしまえば、
一つの点からの長さを表す値です。

 

なんて、言葉で書いても、今一ピン!ときませんよね(汗

 

ですから、内容をしっかり見て、理解していただきたいと思います。

 

覚えておくと、何かと使い勝手のいい手法ですから、
ここで、しっかりと練習してくださいね^^

 

寸法入力基本設定1

 

それでは、累進寸法の入力方法を練習していきますが、
どのようなときに活用できるのかから、
紹介しておきたいと思います。

 

累進寸法は、一つの始点からの寸法を示す手法ですから、
建築図面などでは、基準線からの長さなどに使うのが一般的です。
例えば、一つのX軸から
次のX軸その次のX軸までの長さを示してくれますから
基準線からの計測時などには、とても便利な数値で、
この数値を入れておくことで、
見る人にとって、とても優しい図面とすることができるので、
施工段階での間違いを減らすことができるものになります。

 

とまあ、こんな感じなんですが、
そんな優しい累進寸法の入力方法を
いつもどおり、まずはキャプチャー動画で確認してください。

 

累進寸法の入力方法(アニメ)

 

ご覧のように、基準線から順番に間隔が入力されましたよね。

 

キャプチャー動画では、左端の線を基準線として、
順番に基準線からの長さがそれぞれ入力されました。

 

最初に、全体の長さを入力して、次に、間の間隔を入力しましたが、
別にこのようにしなくても、順番に指示していっても結果は同じですから、
みなさんの描かれるものに最適な方法で指示していただければけっこうです。

 

それでは、簡単に操作手順を紹介しておきますね^^

 

① ツールバーの『寸法』 タブを左クリックします。
② コントロールバーの『累進』 タブを左クリックします。
③ 寸法の入力位置を指示します。
④ 始点を右クリックで指示します。
⑤ 寸法を入力したい点を右クリックで指示します。

 

これで、累進による寸法の入力は、終わりです。

 

同一入力位置の場合は、⑤の操作を繰り返せば、
キャプチャー動画のように、簡単に始点からの間隔が入力されます。

 

この数値があれば、一々、図面から計算する必要もなく、
見るだけで、基準線からの間隔がわかりますから、
無駄な時間を省けますし、何より間違うことも無くなると思いませんか。

 

でも、見る人がこの数値の意味を理解していなければ、無駄になってしまいますけど、
そんな人はいないと信じて、優しい図面作成を心掛けたいものです。

 

 

Point !
累進寸法は、ゼロ点からの寸法を表すものです。
ですから、基準となる点をはっきりと明記することが肝心です。

 

この基準点が不明瞭だと、見る人が混乱するだけで、
無意味な数値となりかねませんから、この点は注意してください。

 

それでも、使い方を間違わなければ、とってもわかりやすいものになりますから、
ぜひ活用してみてください。

基準線がしっかり示されていれば、
図面の数値を見ながら、実寸を計測できるのでとっても便利です。

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcadでの寸法入力の一括処理方法

Jwcadでの寸法入力の一括処理方法を練習してみましょう。

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

QRコード



マツエク