初心者でも超簡単Jwcad | 円の中心点の出し方

Jw_cad 円の中心点をだす方法(クロックメニュー)

スポンサーリンク



円の描き方の練習をしてきましたが
みなさん上手に出来てますか?

 

何を偉そうに言ってるんだ\(`ヘ´#) と怒られそうですね(汗

 

あれくらいなら誰だって出来ますよね^^

 

でっ 実際にJwcadを使ってみてどうですか、
何も、心配することもなく、簡単に使えてるでしょ^^

 

そうなんです。
CADと聞いて、尻込みしてたあなただって、
簡単に使えるようになるんですよ^^

 

だって、私が使って、こんなサイトまで作っているんですから、
それから考えても簡単なのは、解ってもらえましたよね。

 

今回は、今までと違って、
ちょっと高度なテクニックを紹介しますね^^

 

と言っても、たいしたもんじゃありませんけどね。

 

 

前回は、補助線を使って、
図面枠の中心点から円を描く方法を紹介しましたが、

 

補助線で中心点をだすのに、手間が掛かりますし、
すでに描いた円の中心点をだすことは出来ませんよね(´;ω;`)

 

そこで、今回は、すでに描いた円の中心点を
簡単にだす方法を紹介したいと思います。

 

今回使用するJwcadの便利な機能は、
クロックメニュー』 という機能です。

 

まずは、下の画像で手順を確認してください。

 

クロックメニュー(中心点のだし方)

 

ご覧のように、これまでと違った操作方法ですが、
GIFアニメで紹介してるように、
手順としては、さほど複雑なものではありませんから、
誰だって、簡単に出来ると思います。

 

ここで手順を紹介しておきますね(^_-)-☆

  1. 左ツールバーの『』 タブをクリックします。
  2. 円の上で右クリックして、そのまま3時方向にドラッグします。
  3. クロックメニューが現れたら、ドラッグを終わる。

ドラッグとは
  マウスのボタンをクリックしたまま、マウスを移動させる操作のこと。

 

どうですか、とっても簡単でしょ^^

 

この方法だったら、
すでに描いた円の中心点も簡単にだすことができ、
正確な円周などの計測も簡単に出来るようになって、
より正確な図面などの作成が出来るようになるでしょう。

 

円の描き方の練習の最初で紹介した、
補助線を使った方法と組み合わせれば、
いろいろな図形を描くことも出来るようになりますよ^^

 

<補足>
このサイトを閲覧いただいている方から、
「説明どおりの操作を行っても、クロックメニューが出ない」
とのご質問があり、検証させていただきました。

 

最終的には、閲覧者様の問題も解決したのですが、
ここで、基本設定を変更して、解決する方法を掲載させていただきます。

 

クロックメニュー使用時のドラッグ量は、最初に行った
『基本設定』で問題ないのですが、
ご質問者様のように、一部ドラッグ量を調整しなくてはならない場合があるようです。
その基本設定の変更箇所は、下記画像の赤枠部分になります。
このドラッグ量の数値を小さくすることで、
クロックメニューが素早く現れるように調整できますので、
もしお困りなら、こちらの方法も試してみてください。(^_-)-☆

基本設定(クロックメニュー)

 

Jwcadには、ここで紹介した、
クロックメニュー』 のほかにも、いろんな機能が搭載されてるので、
これからの練習の中で、
必要な機能の使い方を紹介していきますので、ご期待くださいね(^_-)-☆

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 矩形の中心点の出し方

矩形の中心点をだす方法の練習もしておきましょう。(^0^ )/

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






みなさまからのメール

最新記事

QRコード



マツエク