Jw_cad 図面拡大表示の使い方

Jw_cadを使って図面を作成していると、図面を拡大して確認することがあります。
図面拡大表示の使い方を練習してください。

サイト内には、一部アフィリエイト広告が含まれています。

Jw_cadで図面を拡大縮小する方法

図面作成中に細かな部分を拡大表示させたいときがあると思います。
Jw_cadには、こんな場合でも簡単に拡大表示させる機能が備わってますので、ここではその方法をご紹介したいと思います。

 

図面を描いてると、どうしても細かな部分や線が重なって見づらい部分が出てくるとがあるものです。

 

そんなときに、見たい部分を簡単に拡大表示できたら便利だと思うことがあるでしょう。
Jw_cadには、そんな機能もちゃんと備わっていますので、簡単に大きく拡大表示して細かな部分や見づらい部分をしっかり確認しながら作図作業をすすめることができます。

 

その方法には、二つのやり方がございますので、こちらでその方法をご紹介させていただきますので、作図作業の効率化と完璧な図面作成に活かしてください。

 

その二つの方法とはJwcad自体の基本設定を変更して行う方法と、作図画面でマウス操作で拡大表示させる方法の二種類です。
どちらがどうということは、Jw_cadを使う人それぞれの使い方で変わりますので、使い易い方法で拡大表示していただければけっこうです。
ただ一つ言えることは基本設定の変更を行う方法なら一度設定しておけば、その後の操作が少し簡単になるということです。
とはいっても、これも使い方しだいですから、実際に使ってみないと判断できませんので、まずは両方を使ってみてから判断して、どちらを使い易いかご判断ください。
このほかに、登録してある図形の倍率変更を行う方法もご紹介いたしますので、一つの図形を倍率変更して違う倍率の図面でも使えるようにして、倍率ごとに同じ図形を作らなくてもいい方法を覚えて、作図効率をさらにアップしてください。

 

それでは、早速みなさんもやってみてください。

 

次はこちらです。
次は、こちらです。次の項目へのリンクです。Jw_cad 図面拡大(基本設定変更)
基本設定を少し変更するだけで拡大縮小する使い方です。

 

カテゴリ案内へ