スポンサーリンク

Jw_cad 面取り処理の使い方(4)

ここまで面取り処理の練習として『角面』『丸面・楕円』と進めてきましたが、みなさん内容は理解できましたか。

 

って偉そうに言ってますが、やってることはそんなに難しいものではないですから、簡単に理解されてますよね^^

 

いずれも、使い方で少し描かれるものの結果が違ってくることを理解できれば、使うシーンを考えて使えばいいだけですから、あとは実際の図面作成で練習するのが一番ですので、ドンドンJwcadを使って図面を描くようにしてください。

 

さて今回は面取り処理の最後の項目『L面』処理の方法を練習してみましょう(^0^ )/

 

面取り処理(L面)

 

Jwcadに備わってる『面取り』処理の中の『L面』処理の練習をしますが『L 面』処理は、これまでの面取り処理とは少し違った考え方が必要になるかもしれませんので、その考え方と使い方をしっかり練習しましょうね。
面取り処理の『L面』処理とは、文字通り角をL型に処理する方法です。

 

使い方もこれまで練習してきた『角面』や『丸面・楕円』とさほど変りませんから、ここまでしっかりと練習してきたみなさんなら簡単に使うことができるでしょうし、その考え方もすぐに理解されることだと思いますので、まずは使い方をいつものようにキャプチャー動画で確認してください。

 

面取り処理(L面)アニメ

 

あまりにも簡単すぎて、
「こんなの練習する必要ない」と思ったかもしれませんね(汗

 

手順の解説など必要ないかもしれませんけど、私のメモ代わりにとりあえず書いておきますね^^

 

@ ツールバーの『面取』を左クリックします。
A コントロールバーの『L面』のラジオボタンを左クリックします。
B 面取り処理対象の角の一辺を左クリックで選択します。
C もう一辺を左クリックで『L面』取り処理は、完了です。

 

キャプチャー動画で行ってたのは面取り処理(L面)1のL面取りでした。

 

この寸法200 , 200の処理結果は下の画像のようになります。

 

L面処理1

 

見てもらえば解るように寸法200 , 200の処理とは、角から200入ったところからL面処理を行うということです。

 

このことから寸法の値を変えれば違ったL面処理もできるということが解りますよね^^

 

例えば、寸法を500 , 200に変更すると下の画像のようになります。

 

L面処理2

 

そして寸法を200 , 500に変更すると下の画像のようになるんです。

 

L面処理3

 

L面』処理も使い方次第で、いろんな図形などを描くこともできますし、地図なんかを描くときにも路地などのように複雑に入り組んだ道も比較的簡単に描くことができるようになると思いませんか^^

 

このように面取り操作を覚えることで、描ける図面の幅も広がりますし、その作図時間も大幅に削減することができるようになるでしょう。

 

ですからみなさんには、ここで練習した面取り操作をぜひ覚えて活用していただきたいものです。

 

Point !
L面』処理でのポイントは、入力する数値を変えることで描ける形が変ってくるということです。
ちなみに、縦方向の寸法を変更する場合は右側の数値を変え、横方向の場合は左側の数値を変えるだけですから、この左右の関係を覚えることが、ここでのポイントとなります。

L面処理は、直角だけでなく他の角度でも行えます。
鋭角と鈍角の場合では仕上がる図形が異なりますから、描きたいものを想像しつつ上手く使うようにしてください。

 

これで、面取り処理の練習は、終わりですので、次はいろいろな寸法の入力方法の練習を行います。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcadの多彩な寸法の入力方法

Jwcadでのいろいろな寸法の入力方法を項目別に練習しましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク