Jw_cad 外部変形の使い方

Jw_cadに標準装備されている便利な機能の中に外部変形があります。
中には便利な計算ができるものが備わっています。

サイト内には、アフィリエイトが含まれています。

Jw_cad 外部変形の使い方

Jw_cadの便利な機能をいろいろ紹介してきましたが、ここでは『外部変形』という機能についてご紹介していきます。

 

その他(1)外部変形
ツールバーから始めるときは、画像のように『その他(1)』を表示させた状態で『外変』タブをクリックしてください。
メインメニューから始めるときは『その他(A)』⇒『外部変形(G)』と進めてください。

 

外部変形の中には図面作成に必要な計算を簡単にしてくれるものが備わっています。

 

標準で

  • 座標面積計算
  • 天空率比較表枠作成
  • 三斜面積計算

が備わっています。

 

どれも建物の設計や敷地図の作成などに必要なものですが、手作業で計算するより早くて確実ですから、こんな便利なものを使わないなんてことはないですよね。

 

少なくとも座標面積計算や三斜面積計算は、頻繁に使うことになると思いますので、ここで使い方をしっかり練習して、いつでも使えるようになってくださいね。
(^_-)-☆

 

でもなんだか難しそうだな…と思っている方もご安心ください。
所詮私がご紹介するんですから、そんなに難しいはずがありませんので、内容をしっかり読んで練習してもらえれば、すぐに使えるようになるので、どうぞご安心ください。

 

ここでご紹介するのは、Jw_cadに標準搭載されているものだけですが、探せばネット上にはいろんなものに特化した外部変形ファイルもあるようですから、必要なものが有ったら探してみてください。

 

みなさんの日々の図面作成を助けてくれるものが有るかもしれませんよ。

 

それではさっそく内容をご覧ください。

 

次はこちらです。
次は、こちらです。次の項目へのリンクです。Jw_cad 座標面積計算の使い方
Jwcadにある座標を使った面積計算の使い方を練習しましょう。

 

カテゴリ案内へ