初心者でも超簡単Jwcad | 中心線を使った円の描き方

Jw_cad 中心線を使った円の描き方

スポンサーリンク



前回紹介した『補助線』を使った
中心線』の描き方は覚えていただきましたか?

 

くどいようですが、
『補助線』を使った『中心線』は、
今後、さまざまな場面で利用しますので
是非、覚えておいてください。。。

 

今回は、描いた『中心線』を利用して
円を描く方法の紹介ですが、
簡単に中心点から円を描くJwcadの便利な機能も紹介しますから、
最後までしっかり読んで、練習してくださいね^^

 

「グダグダ言ってないでさっさとやれよ (`ヘ´#)」
という、みなさんのお声が聞こえてきそうなので
早速、始めましょう。(^0^ )/

 

 

前回、図面中央を出したことで、
簡単に中心から円を描くことが出来るようになりました。

 

さてその方法は?

 

 

中央の交差点にマウスポインタを合わせて、そこから円を描けばいいんです^^

 

言葉で言うのは簡単ですが、
自分で中央にマウスポインタを合わせるのは、意外と難しいものです。
嘘だと思う方は、実際にやってみてください。

 

いかがですか?
目を凝らして、一点に合わせるのは疲れませんか?

 

そんな時、Jwadの便利な機能を使えば
いとも簡単に、中央から描くことができますので、
みなさんもやってみてください。

 

その手順は次の通りです。

 

① 左ツールバーの『』のタブを左クリックし
 次に、『補助線』が交差してる中心点付近で右クリックします。

 

Jwcad 中心線を使った円の描き方1

 

 

② 次にマウスポインタをスライドさせて描きたい大きさまで移動します。
 このとき、赤く仮の円が描かれます。

 

Jwcad 中心線を使った円の描き方2

 

 

③ 大きさが決まったらそこで左クリックすると
 中心点から円が描かれます。

 

Jwcad 中心線を使った円の描き方3

 

実に簡単に、図面枠の中心点から円が描けたでしょ^^

 

定規で中心点を出したり、コンパスを使って円を描かなくても
Jwcadならこんなに簡単に円が描けるんです。
しかも正確にですよ\(◎。◎)/

 

 

Point!
今回のポイントは、『点読取』機能です。
今回行ったように、交差した点を簡単に読み取り
そこから、作図することができます。
このとき必ず(右クリック)で読み取ってください。

 

この『点読取』機能を使うと、
前回ご紹介した『中央線』より簡単に、図面の中央を出すことができますよ^^
「だったら、前回の説明は、いらねえじゃないか(`ヘ´#)」 と叱られそうですが、
あれは、あれで、覚えておいていただきたいものですから、
ご紹介させていただきました。

 

さて、もっと簡単に図面の中央を出す方法は、
図面枠の四隅を点読取して、対角線を描くだけです。
これで、図面の中央を簡単に出すことができますよ^^

 

このときにも、図面枠が活躍してくれますから、
もし図面枠の作成を、スルーしてる方がいらっしゃったら、
Jwcad 図面枠を作成する』 に戻って、図面枠を作成してください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcadで寸法どおりの円を描く

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

QRコード



マツエク