スポンサーリンク

Jw_cadの目盛グリッド設定方法

Jwcadで建物の図面などを描くときに便利なのが、
目盛グリッドです。

 

でも初心者の方にとっては、
まず目盛グリッドって何?って感じだと思います。
かつて私も、Jwcadを使い始めた当初は、そんな感じでしたから
みなさんの疑問点もよく解ってるつもりですから
画像を使って、解りやすく設定のしかたを説明しますので、
一度、このページの説明どおりに設定してみてください。

 

その後は、実際に使うときの縮尺や設定に変更して、
みなさんの使い易い設定で、使ってください。

 

それでは、目盛グリッドの設定を始めましょう(^0^ )/

 

 

目盛グリッドとは、いったい何でしょう?

 

簡単に言ってしまえば、
寸法を表示するシートのようなものです。

 

まずは、実際に目盛グリッドを設定した画像を見てください。

 

目盛グリッド設定1

 

見てもらえれば、解るとおり、
作図画面いっぱいに数多くの点が表示されてますよね。
これが目盛グリッドです。

 

画像の目盛グリッドの設定は、
赤い点の間が 1,000ミリで赤い点の間の中間にあるのが 500ミリです。

 

実際に計測したものを下の画像で確認してください。

 

目盛グリッド設定

 

拡大画像で確認すれば、
指定どおりの寸法のグリッドが表示されてることが確認できましたね^^

 

それでは、上の目盛グリッドの設定方法を説明しますね。

 

@ 画面右下の全体設定タブで、赤枠の部分を左クリックしてください。

 

目盛グリッド設定2

 

A すると下の画像の設定画面が現れますから、
赤枠で囲んだ部分を画像のように変更してください。

 

目盛グリッド設定3

 

設定が完了したら、『OK』を左クリックすれば、
最初の画像のように、目盛グリッドが表示されます。

 

設定画面の目盛グリッド設定に必要なものだけ
簡単に説明しておきますね。

 

目盛間隔【実寸mm】は、表示させたい寸法を入力します。
次がその下の実寸へのチェックですが、
チェックを入れると、表示したい寸法での入力が出来るようになります。
チェックを入れない場合は、
実寸法を縮尺で割った数値を入力します。

 

例えば、画像の縮尺だと1/50ですから、
1000÷50=20 ですから、入力数値は、20となります。

 

ここは、どちらが使いやすいかで、
みなさんの判断におまかせします。

 

次が、この部分です。

 

目盛グリッド設定4

  • OFFは、グリットを非表示にします。
  • 読取【無】は、表示はされるが、点読取できない状態。

その下の部分は、グリットを何分割して表示するかの設定です。

 

目盛グリッドの最低限の設定はこれだけで十分です。

 

勿論、数値を変えれば、
違った寸法の目盛グリッドを表示させることも出来ますから、
みなさんが必要な寸法で設定してください。

 

最初の画像で見てもらったように、
グリッドを黒で表示させてると、
線などを黒で描くと、見難くなってしまいますよね(>_<;)

 

そんなときには、グリットの色を変えて表示すると、見やすくなって間違うことも少なくなります。
その設定の手順は次のように進めることで簡単に変更することができますから、みなさんもやってみてください。

 

@ メインメニューの『設定(S)』を左クリックします。
A プルダウンメニューの中の『基本設定(S)』を左クリックします。
B 設定画面の『色・画面』を左クリックします。
C 次に『色・画面』内で設定しますが、このとき使うのは画面左側の「画面 要素」部分で、
  その中でも【線色1】と【線色2】を使います。

 

ここで線色を指定することで、目盛グリッドの色を変更することができますが、そのときに色指定を簡単に行うために画面右側の『文字色』というタブを左クリックして次の画面で色の指定を行います。

 

色指定

 

確認していただいたように設定画面『色・画面』の『線色 1 : 線色 2』の部分で色を変更することが出来ます。
線色と目盛グリッドの関係は、下の画像のような関係性です。
画像は見やすいように加工してありますので、実際の画面とは異なります。

 

目盛グリッド

 

みなさんの使い易い色に変更して、表示させると作図作業がより効率的に行えると思いますので、みなさんの使い易い色に設定するようにしてください。

 

ここで、一つ注意すべき点があります。

設定画面の『線色 2』でグリット色を変更すると、作図作業時に使用する、線色2もその色に変更されます。
使いにくい場合は、あまり使用しない線色を使いたい線色に変更することで対応してください。

以上で、目盛グリッドの設定は終わりです。

 

 

Point !
住宅などでは、予め壁寸法や、柱間隔などが決まってますから、目盛グリッドを設定するようにすると、効率的に図面を作成することが出来るようになります。

 

<補足>
みなさんの検索項目を見てると「グリッドが表示されない」というのが以外に多いことに気付きましたので、補足事項として簡単な解決方法を紹介させていただきますので、一度試してみてください。

 

グリッドが表示されない場合、画面右下の赤枠で囲んだ部分を左クリックしてください。
すると、下の画像の画面が現れますので、こちらも赤枠で囲んだ部分を左クリックしてみてください。

 

目盛グリッド

 

ボタン画像

 

これで、おそらく目盛グリッドが表示されてると思います。
今現状の画面サイズで使用するのであれば、赤枠で囲んだ左下の『表示範囲記憶』で記憶させておくと、そのサイズ以上の場合には、目盛グリッドが表示されるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<補足>を試しても目盛グリッドが表示されない場合は、Jw_cad Q&A集をご覧ください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcadの保存と呼び出し方法

図面作成の効率化を図るためには、必須ですから、
みなさんもしっかり覚えてくださいね(^_−)−☆

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。