Jw_cad 接線(長さ指定)の使い方

スポンサーリンク



Jw_cad作図(2)〕ツールバーの『接線』内の長さ指定の使い方を練習をしましょう。
(^-^)/
Jw_cad 作図(2)接線
Jw_cadの作図(2)ツールバーの接線の使い方の練習を続けていますけど、このページで練習していただく『長さ指定』がどんなものかは、これまでの練習で大体想像が付きますよね。
おそらくみなさんが思い浮かべられた使い方で間違いないと思います。
(^_^*)

 

これまでもいろんな使い方の中で、長さを指定して線を描く使い方も練習してきましたよね。
基本的には、これまで練習してきた長さ指定の使い方と変わりありませんので、みなさんならこのページを見なくても、もう練習を始められてるんじゃないでしょうか。
Γ(^_^;)アセッ
みなさんに負けないよう私も頑張らねば。
(`・ー・´)b 頑張るゾ!

 

長さ指定の使い方

接線』内のラジオボタンの使い方に関して練習してきましたが、どれもそんなに難しいものはありませんでしたよね。
個々は、簡単ものだと思うんですけど、いかんせんJw_cadには、沢山の機能が搭載されていますので、全て覚えるなんて出来ないと思いますので、私のサイトを備忘録のように使っていただければと思っています。
っていうか、私自身が一番使ってるのかもしれませんけどね。
(*≧ω≦* )デへ

 

くだらない前置きを長々と書いていても仕方ありませんので、いつものようにキャプチャー動画をご覧ください。

 

Jw_cad 接線(長さ指定)の使い方キャプチャー動画

 

キャプチャー動画では、ご説明するのに一番分かりやすいと思いましたので、【角度指定】の無指定状態で長さを指定してキャプチャー動画を保存しました。
そして最後に描いた線の長さが指定通りかの確認を行って、間違いなく指定寸法だったことが確認できていましたよね。
(^_^*)
もう操作の手順なんて必要ないとは思いますが、やっぱり私自身が忘れると不安なので、書留めさせていただきます。
m(_ _ m)

 

① 作図(2)ツールバーの『接線』タブをクリックしてください。
② コントロールバーのラジオボタンで操作を選択してください。
③ 『長さ』ウインドで線の長さを指示してください。
④ 円を左クリックで指示してください。
⑤ 始点を左クリックで指示してください。
⑥ 描く方向を決めて左クリックで指示してください。

 

これで、キャプチャー動画と同じように長さ指定した円と接する線が描けます。
手順解説④のところでキャプチャー動画内では、左クリックで指示するようにしていたんですけど、指示点があるんだったら右クリックで指示してくださいね。

 

これで、接線の長さ指定での描き方は、終わりです。
いつもながら、個別の使い方だけなら、簡単なものばかりでしたよね。
(^_^*)
でも使い方次第で、図面を描く効率も上がるでしょうし、完成度もグッとアップするんじゃないかと思いますので、みなさんもご活用くださいね。
(^_-)-☆

 

Point
接線の『長さ指定』の使い方のポイントを一言でいうと、ほかの操作と組合せて使うということです。

 

これ単独では、用をなさないので、必ずほかの操作の中で行うようにしてください。
とはいうものの、実用上ほかの昨日の中ではあまり使い道が無いように私は思いますが、みなさんが描かれる図面の中で上手く活用できるのであれば、使ってみてください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 接円の使い方

Jwcad 接円の使い方を練習して円どうしをくっつけて描く使い方の練習をしましょう。
(^-^)/

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

検索の前にAmazonPrime無料体験に登録して送料無料お急ぎ便を使ってお得にお買い物を続けてください。





初心者でも超簡単 Jw_cadは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。