初心者でも超簡単 Jw_cad | 線の伸縮の使い方

Jw_ccadで線を簡単に伸縮させる方法

スポンサーリンク



これまで、基本操作で簡単な線の描き方を練習してきましたが
図面などを描いてると、線が短かったり、長かったりすることがありませんか?

 

長い場合は、消去などを使って修正することができますし、
短ければ、点読取と線の組み合わせで、延ばすこともできます。

 

でも、いずれの方法も、少し操作が複雑になりますし、
ヘタをすると、せっかくの図面が台無しにならないとも限りません(>_<;)

 

ですから、ここでは、もっと簡単に線を延ばしたり短くしたりできる
Jwcadの便利な機能を練習してみたいと思います。

 

前置きはこれくらいにして、早速始めましょう(^0^ )/

 

伸縮の使い方

 

その便利な機能とは、上の画像でも解るように、
Jwcadに備わっている 『伸縮』 という機能を使います。

 

その名のとおり、線を伸縮させるためのJwcadの便利な機能です。

 

この機能を使えば、冒頭で説明したような、
線を延ばしたり短くしたりする作業が、マウス操作だけで、簡単にできるようになりますから、
ちょっとした線の長さの修正なんか、一瞬でできてしまいますから、
作図中の修正作業なんかの時間が大幅に短縮されると思いますから、
みなさんの貴重な時間を無駄にすることも無く、
きれいな図面が出来上がるようになりますよ^^

 

それでは、実際の作業状況をいつものように、
キャプチャー動画でご覧ください。

 

伸縮の使い方

 

キャプチャー動画を見ても簡単だったでしょ^^

 

これで、簡単に長さの調整ができるんですから、
消去したり、線で長さを伸ばしたりするよりも簡単ですし、
何より正確ですから、仕上がった図面は、完璧なものになりますので、
最後の確認もそんなに時間がかからなくなって、
貴重な時間も無駄にすることは、無くなると思いませんか^^

 

それでは、キャプチャー動画での手順の解説をしておきましょう。

 

伸縮作業を行うときは、ツールバーの 『伸縮』 タブの左クリックから始めます。

 

まず一番上の単なる直線の伸縮ですが、
① 対象となる直線上のどこでもいいので、左クリックします。
② 縮める場合は、縮めるところで左クリックします。
   伸ばす場合には、伸ばすところで左クリックします。

 

これで、単なる直線の場合の伸縮作業は終了です。
実に簡単ですね^^

 

続いては、対象となる線が交差している場合の伸縮の方法です。

 

① 伸縮位置指示のため、交差する線上で右ダブルクリックします。
② 対象線を左クリックで、線の伸縮は完了です。

 

キャプチャー動画では、3種類の操作を行ってましたが、
手順説明でもわかるように、作業内容はいたって簡単ですから、
作図の途中でも簡単に使える、便利な機能だと思いませんか^^

 

作図のための操作(応用編)などと、たいそうなタイトルを付けましたが、
やることと言ったら、今回のように簡単なものばかりですから、
みなさんも、ドンドン練習して、いつでも使えるようになってくださいね^^

 

 

Point !
伸縮作業では、通常のパソコン操作では使わない、
右ダブルクリックという操作を行うのが、今回のポイントです。
これを忘れて、普通に左ダブルクリックで操作しても、
キャプチャー動画のような結果は、得られませんから、
ここでは、『右ダブルクリック』という操作を、
頭に叩き込んでください。

 

伸縮』 操作は、半円などの線の伸縮にも応用することができます。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcadでの複線の描き方

Jwcadでの複線の描き方を練習しましょう。

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

QRコード



マツエク