初心者でも超簡単 Jw_cad | 円の消し方

Jwcadでのいろいろな円の消し方

スポンサーリンク



この記事の前は、いろいろな線の消し方を練習しました。

 

簡単に1クリックで消去する方法から、
部分的に消去する方法など、
実際の作図に使用できる方法を練習しましたが、
みなさんは、習得できましたか?

 

ここでは、円の消し方を練習してみたいと思います。

 

円を消すには、ちょっとした手順と、約束事がありますので、
それらをしっかりと理解して、習得するようにしてください。

 

今回から、解説方法を少し変更して、
キャプチャー画像を動画的に掲載しています。

 

この掲載方法についても、
「解りやすい」 とか 「前のほうが良かった」 とか
画像だけの解説のほうがいいとか
みなさんからのご意見、ご感想をお聞かせくださいね(^_-)-☆

 

それでは、円の消し方を練習していきましょう(^0^ )/

 

 

Jwcadでの円の消し方の練習を始めますが、

 

まず円全てを1クリックで消す方法ですが、
これは、線で練習したのと同じように、
右クリックだけで、簡単に消去することができます。

 

描いた円が、まったく不用な場合には、
この方法で、簡単に図面上から消してください。

 

ここまでは、触りの部分でしたが、
これからが、円を消す方法の本題ですから、
みなさんもしっかり練習してくださいね(^_-)-☆

 

これから解説するのは、円を部分的に消す方法ですが
この方法を使うには、ちょっとした約束事がありますので、
その約束事を守ってやらないと、
必要な部分が消去されてしまうことになってしまいますので、
この約束事だけは、頭の中に叩き込んでおいてください。

 

それでは、実際に円の消去作業を行ってるところをご覧ください。

 

円の消去方法1

 

いかがでしたか?
中心に描かれた円を左右半分ずつ消してみました。

 

Jwcadなら、キャプチャー動画のように、
円の指定範囲だけを消すことも簡単にできますので、
必要な部分だけ残して作図を続けることができますから、
作業をとっても楽に進めることができますね^^

 

それでは、作業手順を紹介しておきましょうかね^^

 

① 上の編集バーの『消去』 を左クリックします。
② 消去する円を左クリックで指定する。
  (指定すると、円が反転して、別の線色になる)
③ 消去範囲を指定する。

 

作業の手順は、これだけですが
この操作には、再三申し上げてるように、
ちょっとした約束事がありますから、
それだけは、守ってくださいね。

 

その約束事とは、

 

Point !
円の範囲指定では、常に反時計回りで指定してください。
例えば、作業動画のように、
左側を消す場合は、上⇒下 というように指定し、
右側の場合は、下⇒上 というように指定します。

 

円消去の指定方法

 

手順が逆になると、思惑と違って、
反対側が消去されますのでご注意を!

 

もし間違っても、慌てずに、
動画のように、『戻る』 タブをクリックして、
戻せばすむ話ですから、失敗を恐れずに練習してくださいね(^_- )-☆

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 重なった線を消す方法

ピッタリ重なった線を思い通りに消すための使い方を練習してみましょう。

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

QRコード



マツエク