スポンサーリンク

Jw_cad 便利な機能2線の使い方(2)

前回に続いて、2線の使い方のを練習しますが、この前の2線の使い方はマスターしてくれましたか?

 

前で紹介した2線の使い方が2線における基本的な使い方ですから、あの使い方をマスターしてなければ今回そして次回の2線の使い方は理解しにくいと思いますから、まず基本的な2線の使い方をマスターしてから、こちらの使い方を練習することをおすすめします。

 

ここで紹介するのは基本的な2線の使い方を少し進化させた、さらに便利な使い方ですからぜひ覚えて作図作業に活用してください。

 

それでは今回も簡単にサクッ!といってみましょう(^0^ )/

 

2線の描き方1

 

Jwcadに備わってる便利な機能の中の2線を練習してますが、基本的な使い方の練習を終えて前回のキャプチャー動画で行った縦横の2線では、突出した部分がありました。

 

本来、図面にしても地図などにしても線が重なる部分というのは、余分な突出部分など存在しないものがほとんどですから、突出部分を後から処理する必要がありますが、これもまた手間の掛かる作業ですから、できれば省きたい作業ですよね。

 

ここで紹介する、2線の使い方は、そんなことを実現してくれる使い方ですから実際の作図作業では、いわば必須の使い方だといえるかもしれません。

 

いつもいつも前置きが長くて、みなさんからお叱りを受けてしまいそうなので、早速キャプチャー動画からご覧ください。

 

2線の描き方 その2

 

キャプチャー動画でわかるように、Jwcad 便利な機能2線の使い方 その1で練習したのと違って、余分な突出部分が無く、直角に曲がった2線が描けてますよね^^

 

これも簡単な操作で基準線を途中で変更するだけで、勝手にJwcadがやってくれますから、そのちょっとしたコツさえ覚えれば簡単です^^

 

その手順を確認しながら、みなさんも一緒に練習してください。

 

@ ツールバーの『2線』タブを左クリックします。
A 2線の間隔を指定します。
   キャプチャー動画では、プルダウンから選択していましたが、直接間隔を入力することもできます。
B 基準となる線の上で左クリックして、基準線を選択します。
C 始点を決め、左クリックします。
D 2線を曲げる方向の線上で左ダブルクリックして、基準線を変更します。
E 終点にマウスポインタを移動させ、左クリックで決定する。

 

だんだん、手順が増えてるように思うかもしれませんが、たいしたことはありませんので、みなさんも手順の解説どおり実際にJwcadを使って作業してみてください。

 

簡単すぎて練習するのが嫌になるかもしれませんけど、このちょっとした操作を覚えておくだけで作図作業中の無駄な動きが無くなり作業時間の短縮につながりますから、バカバカしいと思わずにしっかりと練習してくださいね(^_−)−☆

 

ちなみに、キャプチャー動画内での始点、終点の決定のときは、
以前に練習した『点読取』を活用してますが、『点読取』機能は覚えてますか?

 

忘れてる方のために、簡単に解説しておきますね。
点読取とは、線の端などの点を右クリックで読み取る機能で、目盛グリッドなどの点の読取などに使うと便利な機能です。

 

それでは『Jwcad 便利な機能2線の使い方 その2』はこの辺で終了しますが、くどいようですがしっかりと練習してくださいね。

 

 

Point !
2線』を違う方向に続けて描くときには、途中で基準線の変更を行うことです。

 

基準線の変更のときは変更する方向の基準線の上で左ダブルクリックして基準線を変更します。

変更する基準線の角度は問いませんから、ゆるい角度でも鋭角でも描くことができます。
また、次々に基準線を変更することで、建物の外壁を続けて描くことも可能です。

次も、便利な2線の描き方を紹介しますので、続けて見て完璧に2線を使いこなせるようになってくださいね(^_−)−☆

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 便利な2線の使い方(3)留線

Jwcadでの2線の描き方をさらに便利に使う方法を練習しましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク