スポンサーリンク

Jw_cad ハッチ(ハッチング)の使い方(4)

Jw_cadの『ハッチ(ハッチング)』の使い方の練習の4回目です。

 

ここまで練習してきた『ハッチ(ハッチング)』の使い方はマスターされていますか?

 

まあ、練習と言っても難しいものではありませんから、みなさんすでに使いこなしているものだと思います。

 

使いこなせなくても、この『ハッチ(ハッチング』の項目をブックマークしていただければいつでも確認できますから、解らなかったら何度でも見直して完璧に使えるように練習してくださいね(^_−)−☆

 

さて『ハッチ(ハッチング』の練習も4回目となり、これまでのまとめというか、もっと簡単に使える使い方を紹介しておきたいと思いますので、ここだけはスルーせずにしっかりとご覧ください。
きっと、みなさんの作図作業のお役に立つものだと確信していますので、ここで練習することをしっかりと身に付けてくださいね(^_−)−☆

 

Jwcad ハッチ(ハッチング)の使い方

 

今回が『ハッチ(ハッチング)』練習の最後となりますので、これまでのとりまとめともっと実用的な使い方をご紹介しますので最後までご覧くださいね(^_−)−☆

 

さて『ハッチ(ハッチング)』練習で基本的な使い方は、すでにみなさん使えるようになっていることでしょうから今更何も付け足すことはありません。

 

ですから、今回はもっと実務に活かせる使い方をご紹介いたします。
前置きばかり読むのもつまらないものだと思いますから、いつものようにキャプチャー動画をご覧くださいね^^

 

Jwcad ハッチの使い方(4)

 

このキャプチャー動画の中に便利な使い方が二つ含まれていたのをお気付きになられたでしょうか?

 

一つは、ピッチ入力窓への数値入力のときの数値が前半と後半で違いましたよね。

 

前半で入力していた数値は、縮尺から計算して割り出した数値で、後半の数値は実寸を使った数値で入力していました。
ここは、みなさんお解かりになりましたよね。

 

今回の縮尺は『1/50』でしたから、
Jwcad ハッチ(ハッチング)の使い方(3)』で使い方を紹介したときのように、単純に10分の1の値を入力しても実寸にはなりませんから、数値入力の前に、1/50での値を計算しなくてはなりません。
その数値が入力窓に入力した数値だということです。

 

一方、後半では横ピッチの右横の実寸窓にチェックを入れるだけで、後は実際の数値を入力するだけで、そのまま図面に反映されますからこのほうが実用的ですよね^^

 

ここまでが、一つ目の便利な使い方でした。

 

そしてもう一つはハッチング範囲の指示の方法だったんです。

 

これまでの指示方法は四辺を指示していく方法だったんですが、今回はワンクリックで指定していました。
作図作業中でも、この方法のほうが簡単で時間短縮にもつながりますから絶対実用的ですよね^^

 

その方法はいたって簡単で、どこか一辺上で右クリックするだけで、ハッチング範囲を指定できますから基本的な範囲指定方法より簡単ですよね^^

 

「だったら、最初からこの方法を教えろよ (`o´)

 

というみなさんのお怒りの声が聞こえてきそうですが、あくまで基本的な使い方を知っててのお話ですから、ここだけを取り上げてお怒りにならないでくださいね。

 

そして、今回の右クリックでの方法は円を指定するときにも活用できますから、円にハッチングを掛けるときには右クリックでの範囲指定を使うようにしてくださいね。

 

あと、ここまで練習してきた以外に下の画像の3つがありますので、簡単に説明させていただきます。

 

Jwcad ハッチの使い方(4)

 

この中で、左端の図形のラジオボタンと右端の範囲選択は、基本的には同じ操作を行うものです。
その操作とは出来上がった図形を図形登録するときに使用するものになります。

 

そして、残るクリアタブはハッチングでの範囲選択を消すために使います。

 

これで、ハッチングのコントロールバーの全ての説明は終わりですが、みなさんご理解いただけたでしょうか?

 

後は使って、使って慣れることですから、ドンドンJw_cadを使って慣れるように努力してくださいね(^_−)−☆

 

Point !
全4回にわたって『ハッチ(ハッチング)』の練習をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

総括的なPointとしてですが、『ハッチ(ハッチング)』を使えるのは閉じられた図形に対してですから、必ず何らかの閉じられた図形を描いてからハッチングを掛け、その後に不用な部分を消去するようにして、図面として完成させるようにしてください。

 

これが、Jw_cadでのハッチングの基本中の基本ですから、この基本を忘れないようにしてください。

 

ハッチ』機能を上手に使いこなせば、作図の時間短縮にもなりますし、より完成度の高い図面も描けるようになるでしょう。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 多角形の使い方

次からは、画像や写真を図面に取り入れる方法から、
加工方法まで紹介いたしますのでご期待くださいね
(^_−)−☆

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク