初心者でも超簡単 Jw_cad | 便利な2線使い方(3)留線

Jw_cad 便利な機能2線の使い方(3)留線

スポンサーリンク



Jwcad 便利な機能2線の使い方も、1回目、2回目と進めてきましたが、
実際に練習してみて、いかがでしたか?

 

Jwcadに搭載されてる便利な機能ですが、
操作はいたって簡単ですから聡明なみなさんには、物足りないかもしれませんね^^

 

記事を書いている私にとっては、かなり難しい部分もあるんですけど、
Jwcadの使いやすさが伝わっているのか、とても心配です(-。-;)

 

でも、実際にJwcadの初心者用の書籍などを購入して練習したものとして、
書籍だけでは、伝わりにくかった部分を、インターネットサイトの特性を活かして、
キャプチャー動画などを交えることで、操作状況などを見ていただくことで、
少しは、解りやすくなってるものだと信じて、
これからも、がんばっていこうと思ってますので、
みなさんの感想などをお聞かせいただければ、
より良いものにできると思いますから、
ぜひとも、みなさんのご意見をお聞かせくださいm(_ _)m

 

若干の不安を抱えながらも、今回も練習を始めましょう。

 

2線の使い方(留線)

 

Jwcad 便利な機能2線の使い方として、
2線タブの使い方を練習してますが、
前の2回で紹介した使い方は、2線を描くだけのものでしたが、
今回は、2線の端末を閉じて描く方法(留線)を練習してみたいと思います。

 

この方法は、建物などの場合でしたら、袖壁などの作図のときなどに便利ですし、
案内図などを描く場合にも利用できると思いますので、
用途は、使い方しだいで、いくらでも出てくる方法だと思いますが、
一般的に、あまり知られていないようなので、
あえて、1ページを割いて、みなさんにお伝えしようと思った手法ですので、
ここで、しっかりと練習してもらって、得とくしていただきたいと思います。

 

それでは、今回も作業状況のキャプチャー動画から見てください。

 

2線の使い方(留線)

 

いかがでしたか?
2線の端が閉じられた線が描けましたよね。

 

その閉じ方も、4種類の閉じ方を紹介してたのですが、
理解できましたか?

 

私は、本でこの方法の解説を読んだのですが、
はっきり言って、とても解りにくかったのを覚えています。
解りにくさの理由は、文字と断片的な画像のみの解説だったためだと思います。

 

実際の作業風景を動画で見て、手順解説を読むほうが、
断片的な画像だけの解説より、ずっと理解しやすいと思いませんか?

 

私のサイトを続けてご覧いただいているみなさんにとっては、
キャプチャー動画があるのが当たり前になってると思いますから、
さほど違いは、感じてないかもしれませんね^^

 

こんな話は、どうでもいいので、
4種類の留線の手順解説をしておかなくちゃですね( ̄ε ̄;)

 

留線(左)

① ツールバーの『2線』 タブを左クリックします。
② コントロールバーの『留線』にチェックを入れます。
③ 基準線の上で左クリックして基準線を選択します。
④ 始点にマウスポインタを移動させ、左クリックします。
⑤ 終点にマウスポインタを移動し、左クリックで確定する。

 

これで、留線が左に付いた2線が描けました。

 

留線(右)

① ツールバーの『2線』 タブを左クリックします。
② 基準線の上で左クリックして基準線を選択します。
③ 始点にマウスポインタを移動させ、左クリックします。
④ 2線を描き始めてから、コントロールバーの『留線』にチェックを入れます。
⑤ 終点にマウスポインタを移動し、左クリックで確定する。

 

これで、留線が右に付いた2線が描けました。

 

手順の少しの違いで、結果が違ってきますので、
左右描き分けるときには、しっかりと手順を守って描くようにしてください。

 

留線常駐

① ツールバーの『2線』 タブを左クリックします。
② コントロールバーの『留線常駐』にチェックを入れます。
③ 基準線の上で左クリックして基準線を選択します。
④ 始点にマウスポインタを移動させ、左クリックします。 
⑤ 終点にマウスポインタを移動し、左クリックで確定する。

 

これで、留線が両端に付いた2線が描けました。

 

留線常駐(留線出)

① ツールバーの『2線』 タブを左クリックします。
② コントロールバーの『留線常駐』にチェックを入れます。
③ 『留線出』で、留線の位置を指定します。
④  基準線の上で左クリックして基準線を選択します。 
⑤  始点にマウスポインタを移動させ、左クリックします。
⑥ 終点にマウスポインタを移動し、左クリックで確定する。

 

これで、両端の留線の位置が変わります。

 

キャプチャー動画で、『留線出』 に500と入力したのは、
留線の始点と終点から500出たところに留線を入れるという指示ですから、
下の画像のように、基準線の端から、500のところに留線が描かれるんです^^

 

留線出

 

留線出は、留線常駐だけでなく、片側の留線でも同じように使うことができますので、
シーンに合わせて、上手く使ってくださいね(^_-)-☆

 

この使い方も図面作成中には、便利な使い方だと思いますから、
覚えておくととっても役に立つと思いますよ^^

 

 

Point !
留線』の描き方には、4種類あり、
それぞれ少しずつ、手順が異なるので、
描く位置によって、使い分けるようにしてください。

 

留線も前回同様、基準線を途中で変更しても、変更した終点に入ります。

 

これで、3回にわたって紹介した『Jwcad 便利な機能2線の使い方』 を終わりますが、
これまでに紹介してきたJwcadの便利な機能と組み合わせて使うことで、
より完成度の高い図面を描くことができますから、
それぞれの使い方を覚えて、上手く組み合わせて使うようにしてください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad コーナー処理の使い方

Jwcadでのコーナー処理の使い方を練習しましょう。

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

QRコード



マツエク