初心者でも超簡単 Jw_cadでは、簡単な使い方を紹介しています。

Jwcad 建具図(建平)の使い方

スポンサーリンク



Jwcadに備わっている
建具の平面図、立面図、断面図の使い方を練習してみましょう。

 

日々の図面作成で時間をとられることの多い
建物の建具もJw_cadに備わっているものを利用して
簡単に図面に書き込むことができたら嬉しいですよね。(^^)

 

そんなことができるのかと思ってたら、
Jw_cadの中に最初から組み込まれてるものがありました。
そんなに数は、ないんですけど、
最初からすべて描くことを思ったら、ずっと楽ですから、
このページで紹介しておきますので、
この機会に練習してください。

 

それでは、その使い方をご紹介しましょう。(^o^)/
建具図1

建具平面図の使い方(建平)

上の画像で確認してもらってもお解かりだと思いますが、
今回使用するのは、赤枠で囲んだ3つのタブです。
なのでまず最初に『建平』から紹介していきます。

 

画像でもお解かりのように、
作図(2)のツールバーからはじめるんですけど、
メニューバーからもはじめることができます。
その手順は次の通りです。
①メニューバーの『作図(D)』を左クリックします。
②プルダウンメニューの中の『建具平面(G)』を左クリックします。
これで、ツールバーと同じように使うことができますので、
続きは、キャプチャー動画をご覧くださいね。(^_-)-☆

 

建具平面

 

さあキャプチャー動画をご覧いただいていかがだったでしょうか。
簡単な引き違い窓の平面図でしたが、
あれでも自分で描こうと思ったらそれなりに時間も掛かるので、
せっかくあるんですから、使わないなんてもったいないですよね。

 

それでは、建具平面図を使う手順を確認しておきましょう。

 

①ツールバーの『建平』を左クリックします。
②建具平面図データフォルダが開くので、
  使いたい建具の上で左ダブルクリックして選択します。
③コントロールバーの『内法』の数値入力窓に建具の内寸法を入れます。
④建具を書き込む基準線を左クリックで選びます。
 (基準線は縦でも横でも斜めでも選択できます。)
⑤建具を書き込みたい位置で左クリックして書き込みます。

 

これで建具の平面図が図面の中に書き込まれましたね。
とっても簡単だったでしょ。^^

 

こんな便利なものがあるんですから、
使わないなんて本当にもったいない話だと思いませんか。
ぜひみなさんもこれを機会に使ってください。
と言っても建築関連の人くらいし使わないかな・・・

 

Point!
建具平面図』を使うときには、
データフォルダで選ぶときに縮尺などを確認してください。
フォルダごとに縮尺が違ったり、
同じようなものでも微妙に違ったりしますので、
思い通りのものは、慎重に選んでください。

キャプチャー動画の中でもやっていましたが、指示点や基準線が切れてるなど、
点読取できるときは、右クリックで正確な位置に配置すると便利です。

建具平面図2
このようにこれまでに練習したものを組み合わせると、
もっと便利に使えることもありますね。(^^)

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 建具図(建断)の使い方

建断を使って簡単に立面図を描けるように練習しましょう。(^-^)/

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

QRコード