スポンサーリンク

Jwcad マウス操作だけで図面を拡大する方法

Jwcadでのマウスホイールだけで拡大縮小する方法を練習しましたが、ここでは基本設定の変更も行わず、マウス操作だけで行える図面の拡大方法を練習してみましょう。

 

この操作方法を覚えておくと作図作業中でも簡単に図面を拡大することができるようになり、より効率的に作図作業がすすめられるようになりますよ^^

 

使うのはマウスだけですので操作自体もいたって簡単ですから、誰だって少し練習すればできるようになりますから、まずはこのページを最後までご覧いただいて、説明どおりに操作して練習してみてください。

 

どなたでもきっとできますから安心してください。

 

それでは、さっそく始めましょう(^0^ )/

 

 

Jwcadの基本操作編もだいぶ進んできましたね^^

 

みなさんのほうは、いかがでしょうか?

 

これまで、解説してきたページを順序どおりに練習していただければ、ここまで問題なくできるようになってると思うんですが・・・

 

ヤフー知恵袋などに質問すれば、私よりもはるかにJwcadに精通された方が解答してくれると思いますから、これらのサイトなども上手に利用するようにしてください。

 

まあこれまでは基本中の基本の操作ですから、質問も疑問もないと思いますが、今後複雑な操作や設定などJw_cadを使う上で、より高度な使い方をするようになったら、数々の疑問が湧いてくると思いますから、そんなときに利用してください。

 

さて、そろそろ本題に入りましょう。

 

前回は、基本設定の変更を行って、マウスホイールでの図面拡大、縮小方法を練習しましたが、今回はマウスの操作だけで行う方法を練習します。

 

使うのはマウスだけですから簡単です^^

 

まずは、下の画像を見て補助線以外に何か見えますか?

 

マウス操作で拡大

 

実は、この中に半径20の円が描かれているんですが、
ほとんどの方は、視認できないと思います。

 

もし「見える!」 という方がおられるんでしたら、あなたの目は相当良いということですから、そのすばらしい目を大切にしてください。

 

そんな特別な方を除いて多くの方が見えないと思いますので、見えるようにマウスを操作して拡大してるキャプチャー動画をご覧ください。

 

マウス操作で拡大(アニメ)

 

ご覧のようにマウス操作だけで見えなかった半径20の円が見えるようになったでしょ^^

 

操作中の画面に現れた『拡大』という表示が出たら、
範囲指定枠で拡大したい部分を囲えば、その部分が拡大されるんです。

 

このときのマウス操作は左右両方のボタンを押したまま
マウスを動かして、マウスポインタの位置を変えるだけです。

 

キャプチャー動画の中では『移動』と『拡大』だけしか出てきませんでしたが、
マウスポインタを動かすとほかにも出てきます。

 

その中で『全体』を選ぶと、図面全体の表示に戻すことができます。

 

今回の操作では『拡大』と『全体』の二つを覚えておけば、OKです(^-^*)

 

マウス操作だけで拡大する方法も簡単だったでしょ^^

 

みなさんもやってみてください。
この操作方法を覚えておくだけで、本格的な図面作成の時間が短縮できると思いますので、ぜひ覚えてほしい操作方法ですね^^

 

 

Point !
マウス操作だけで拡大表示する方法では、選択する範囲によって拡大率が変わります。

 

選択範囲が広ければ、拡大率は少なくなりあまり大きく拡大されませんが、
逆に選択範囲を狭くすれば、その部分だけが大きく拡大表示されます。

 

この使い分けは、作成中の作業状況によってみなさんで選択してください。

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad マウスボタンで拡大、縮小、移動

マウスボタンだけで画面の倍率を簡単に変更したり、
画面の移動が出来る使い方を練習してみましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。