スポンサーリンク

Jw_cadの円の描き方(中心線を描く)

さてこれからJwcadを実際に使って作図練習をしていきたいと思います。

 

最初に基本的な円の描き方を練習してみましょう。

 

これが出来なければ、複雑な図面や、地図などを描くことは出来ませんから
馬鹿馬鹿しいと思わずに、練習してくださいね。

 

それでは早速始めましょう(^O^)/

 

 

まず最初に、図面の中央に円を描いてみましょう。

 

でもどうやって図面の中央に円を描けばいいのか・・・?

 

 

ここでちょっとしたコツをお教えいたしますので覚えておいてください。

 

まずは、下の画像をご覧ください。

 

Jwcad 円の描き方(中心線を描く)1

 

図面作成範囲に赤い点線がクロスしてますよね
ここが図面の中央です。

 

この図面の中央をだすのに要した時間は、わずか数秒です。

 

別に、計算してだしたわけでもなくJwcadの便利な機能を使って、簡単に図面中央をだしました。

 

では、その便利な機能をご紹介しておきましょう。

 

みなさんも下の画像の手順に従って、やってみてください。

 

@ まず最初に図面枠作成のときと同じく、線属性の変更を行います。
   画像と同じように線属性を変更してください。

 

Jwcad 円の描き方(中心線を描く)2

 

 

A 線属性の変更の次に左ツールバーの『中心線』というタブをクリックしてください。

 

Jwcad 円の描き方(中心線を描く)3

 

 

B 次に左下のステイタスバーの指示に従って画像のように作業を進めてください。

 

Jwcad 円の描き方(中心線を描く)4

 

 

これで、縦の中央補助線が引けました、同様に手順@Cを上下の図面枠で行えば、最初の画像のように図面中央が描けます。

 

簡単でしょ^^
初めにも書いたように、中央をだすのに数秒だったでしょ^^

 

この『中央線』を引くのに前回作った図面枠が役立っているんですが、
気付いてましたか?
このほかにも、図面枠が活躍する場面がありますから、図面枠を作成することが大切かが、ご理解いただけたのではないでしょうか^^

 

もし図面枠が無かったら、こんなに簡単に図面の中央をだすことはできなかったでしょう。

 

次は、閲覧者様からのご指摘で追加させていただくことにした方法です。
基本的な使い方は同じなのですが、
操作の途中で『点読取』機能を使って行う方法です。
それでは、下の画像をご覧ください。

 

Jw_cad 中央線の描き方2

 

さて、この画像を見ても、ここまでご紹介してきた手順と同じように見えますが、
手順BCで右クリックして点を読取ってます。
こうすることで、簡単に上下の基準線を選択することができますし、描いた中央線も枠内にピッタリと収まるように描けます。

 

これは、BCのときだけでなく、@Aのときでも有効です。

 

@Aで使う場合は、図面枠の左右の角を点読取すれば、
同じように枠内に収まるように中央線が描けます。
この使い方は、ほかの矩形でも同じように使うことができるので、
とっても便利な使い方ですから、ぜひ覚えてくださいね。(^_−)−☆

 

 

Point!
デフォルトの図面作図範囲表示だけでは、
「図形がありません」
と表示され、『中央線』が描けないんです。
図面枠を描いておけば、図形と認識され、『中央線』が描けるという訳です。
『補助線』は、作図画面では見えますが、印刷はされません。

 

中心線』機能は、さまざまな場面で活躍してくれますから
しっかりと覚えてくださいね^^

 

 

次は、『Jwcad 円を描く(1)』 として
今回描いた中心点から円を描いてみたいと思います。
次も、便利なJwcadの機能をご紹介しながら
作図練習を行いますので、ご期待くださいm(_ _)m

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 中心線を使った円の描き方

 

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。