初心者でも超簡単Jwcad |2点角の使い方

Jwcad 2点角の使い方

スポンサーリンク



Jw_cadのツールバー設定の中の『2点角』タブの使い方を練習しておきましょう。

 

Jwcad 2点角の使い方
ここを使うと、すでに描かれている図形の角度を簡単に知ることが出来ます。

 

2点角の使い方

Jwcadに標準装備されている『2点角』と言う機能を使えば、
すでに描かれている図形の線の角度を簡単に知ることが出来るので
仮に角度の記入が無くても、図面に必要なら簡単に調べて、書き加えることが出来ますから、
とても効率的に図面の作成が出来るようになると思います。

 

ご覧いただいているみなさんの中にも、お仕事でJwcadを使っている方も多いと思いますが、
取引先や社内用の図面などで、他人が描いた図面の中で、
必要な角度の記入漏れなどがあると思います。
その記入漏れをそのまま放置して、図面を仕上げてしますと、
後から問題が発生することも多いと思いますので、
そんなときには、この『2点角』を使って、チャチャッと書き加えておきましょう。

 

使い方も簡単ですから、おそらくキャプチャー動画を一度ご覧いただけば、
すぐに使い方もマスターできると思いますので、軽~~~い気持ちでご覧ください。

 

それでは、今回もキャプチャー動画をご覧いただいてから、
簡単な説明をさせていただきますので、まずはキャプチャー動画をご覧ください。

 

Jwcad 2点角の使い方(キャプチャー)

 

どうでしたか。
あまりにも簡単すぎて、練習する気もなくなったんじゃないですか?

 

私もこうして書きながら、簡単だなッと改めて感じています。
こんなに簡単なのに、何をどう説明すべきか悩んでいるところですが、
とりあえず、手順だけは先にご紹介しておきますね。

 

① 設定ツールバーの『2線角』タブを左クリックします。
② 角度を測定する基点を右クリック(読取り)します。
③ 2点間角度を測定する第二基点を右クリック(読取り)します。
④ 扇型の矢印が出るので、最終測定点を右クリック(読取り)します。

 

これで、キャプチャー動画のように、左上に測定した2点角度が表示されます。

 

操作としては、これだけですから、図面の作成中でも簡単に角度の確認が出来ますよね。^^
もちろん、ほかの多角形でも簡単に角度の測定が出来ますから、
図面の作成に活かして、効率よく図面を作成してください。

 

2点角』もこれまでと同じで、メニューバーからも使うことが出来ます。

■□■2点角の使い方
メニューバーの
設定(S)』⇒『角度取得(A)』⇒『2点間角度(P)』からでも使うことが出来ます。

 

使い方も簡単ですから、ぜひ日々の図面作成などに活用してくださいね。(^_-)-☆

 

Point !
2点角』で各基点を読取るときには、
右クリックの読取り機能を活用するようにしてください。
点読取機能で各基点を読取ることで、正確に角度の測定が出来ます。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 線の長さの取得方法(線長)

Jwcadの線長機能の使い方を練習しておきましょう。(^0^ )/

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

Link


無料カウンター
マツエク