初心者でも超簡単 Jw_cadでは、簡単な使い方を紹介しています。

Jw_cad 曲線の使い方(ベジェ曲線)2

スポンサーリンク



Jw_cadの 『曲線』 のベジェ曲線の使い方の2回目です。

 

ベジェ曲線』 については、
1回で終わろうと思っていたのですが、
説明用の画像などを作っていると、
1回分にしては、とても多くなってしまい、
後、説明文などを考えると、
とても長く、見辛くなってしまいそうなので、
2回に分けて、照会させていただくことにいたしました。

 

とゆうわけで、早速、『ベジェ曲線』 の2回目を
始めましょう(^0^ )/

 

Jwcad 曲線の使い方

 

ベジェ曲線』 の1回目で説明した、
『2次ベジェ』は、しっかり勉強して、頭の中に入っていますか(¬з¬)

 

今回練習していただくものは、
前回練習していただいた『2次ベジュ』が基本ベースになりますから、
『2次ベジェ』が理解できていなくては、
おそらく理解しにくいと思いますので、
もし、「今一、自信がない」 と思ったら、
もう一度、前の『ベジェ曲線の1』 を見直して、
しっかり勉強してから、こちらに挑戦してください。

 

「そんなの必要ない」 と思われる方は、
そのまま読み進めていただいてもかまいませんが、
理解度がまったく違ってくると思いますよ(-_-?)

 

まあこんなことばかり言っていても
仕方がありませんから、下の画像をご覧ください。
今回は、いつものキャプチャー動画ではなく、
GIFアニメを作成しました。

 

Jw_cad 曲線の使い方(ベジェ曲線)基本2

 

ご覧いただいたGIFアニメが、今回練習する基本的な動きになります。

 

前回の 『2次ベジェ』 をしっかり理解されている方は、
GIFアニメをご覧いただいただけで、
大まかな部分はご理解いただけたのではないでしょうか。

 

まずお気付きになったのは、指示線が増えていることではないでしょうかね。

 

それが、今回の『3次ベジェ』 の基本となる部分なんです。
ですから、指示線が増えていることに気付かれた

 

あなた!

 

あなたは、もうすでに、『3次ベジェ』 を半分近く理解しているとゆうことなんです。

 

さてそれは、どうゆうことなのか?

 

GIFアニメで、左右両方の、点の移動と線の移動の関係性を見ていただきましたが、
その内容をもう少し詳しく解説していきましょう。

 

Jw_cad 曲線の使い方(ベジェ曲線)基本2

 

この画像は、前回でもご覧いただいたものですね^^
実は、『3次ベジェ』 は、この動きとまったく同じ動きをしているだけなんです。

 

右の16分割の画像をご覧いただくと、
16分割のゼロ点から左右の斜線の点がそれぞれ移動して、
それに伴って、繋ぐ線の角度が変っていますよね。

 

3次ベジェ』 では、この動きに、もう一本指示線が増えているだけで、
右線、上線、左線上を同じように割合を変化させ、
それをそれぞれで結んで、ベジェ曲線の点を求めているんです。

 

beziercuve-1.bmp

下の画像にマウスカーソルを合わせると上の画像が入れ替わります。

img2_thumb img3_thumb img7_thumb
左移動 基準 右移動

 

上の3枚の画像を見ていただければ、理解できると思います。
画像では、16分割の画像を割合表示とするため、1:3で表記しています。
このほうが、解りやすいと思いましたので、このような表記にしたのですが、
みなさんの感想は、いかがでしょうか?

 

画像内の矢印(⇒⇒⇒)方向に、点が移動しています。
このことから、分割数を増やせば、
ベジェ曲線の輪郭がより鮮明に認識することが出来るようになります。

 

今回は、正方形を参考にベジェ曲線の考え方を照会しましたが、
台形でも同じ考え方でベジェ曲線を描くことが出来ますし、
片線のみが傾いた図形でも、もちろんベジェ曲線を描くことが出来ますが、
これらの形で描かれるベジェ曲線は、それぞれ違った曲線になります。

 

また、この3次ベジェを使えば、360°どの方向でもベジェ曲線を描くことが出来ます。

 

ですから、ベジェ曲線を組み合わせることで、
いろいろなデザインを描くことが出来るようになるので、
発案者のように自動車のデザインに使ったり、
今では、イラストソフトなどでも、ベジェ曲線は、活用されています。

 

最近では、3Dキャドなどでも、ベジェ曲線が不可欠の考え方となっています。
3Dキャドでの活用が進んでいるとゆうことは、
ベジェ曲線の理論が無ければ、3Dプリンターは、
この世に生まれていなかったとゆうことになりますよね。

 

それほど、革新的なベジェ曲線の考え方の一端を今回勉強していただきましたが、
いかがだったでしょうか?

 

私が照会させてもらったのは、ベジェ曲線のほんの入り口の考え方ですから、
もっと、よく勉強したいとゆう方は、
数学的なアプローチなどを勉強してくださいね(^_-)-☆

 

でも私には、質問しないでください。
頭が痛くなりますから(>_<;)

 

それにしても、こんなややこしいことを、数回のマウス操作だけで、
一瞬で再現してくれるJw_cadって本当にすごいですよね (*ˆ﹀ˆ♥)
そんな優れたJw_cadを無償で使える私たちは、幸せ者ですね^^

 

 

Point !
ベジェ曲線』 の基本的な考え方を
2回に分けて勉強してみました。

 

ベジェ曲線』 の基となる考え方は、
時間と移動距離の関係性になります。

 

それを表すのに、最も簡単な方法が、
今回照会した、分割表示方法になりますから、
もし手描きなどで表す場合には、この方法を活用すると、
ベジュ曲線を表現することが出来るようになります。

 

この考え方を覚えておくことで、キャドでベジェ曲線を描くときにも
描ける曲線をイメージしやすくなることでしょう。

 

長々とツールバーの 『作図 2』 を練習してきましたが、
今回の 『ベジェ曲線』 でようやく終了となりました。
みなさんお疲れ様でしたm(_ _)m
今後作図作業の中で、使い方に迷ったら、
ここで、練習したことを思い出して、がんばってくださいね(^_-)-☆

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcadへの画像挿入と編集方法

Jwcadへの画像挿入と編集方法を練習しましょう(^0^ )/
画像を扱うことが出来ないと、写真などを交えたプレゼンなどが出来ませんので、
みなさんにも是非覚えていただきたい使い方です。

 

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

Link


無料カウンター
マツエク