初心者でも超簡単 Jwcad

Jw_cad 矩形の中心点をだす方法

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

Jw_cadの使い方の中で、
円の中心点をだす方法(クロックメニュー)』は紹介しましたが、
先日、閲覧者様から、
「矩形の中心点を出す方法を教えてください」
とのメールをいただきました。

 

そう言えば、矩形での中心点のだし方については、
説明ページをアップしていないことに気付き、
今回閲覧者様のメールを期に、
矩形の中心点をだす方法』をアップしました。

 

このページに関しては、カテゴリ違いのような気もしますが、
円の中心点をだす方法(クロックメニュー)』の流れとして、
こちらのカテゴリに追加させていただきました。

 

これで、円での中心点のだし方と矩形での中心点のだし方を、
同時に確認できると思いますので、
みなさんもこのページを活用してくださいね。(^_-)-☆

 

 

 

それでは、早速本題に入りたいと思います。
矩形での中心点のだし方としましては、
中心線』タブを使う方法と、
対角線』を描く方法が簡単だと思いますが、
この方法だと、一端中心を出して、
その位置に点を付け、その後、無駄な線を消去しなくてはならず、
とても手順が多く、無駄な動きも多いので、
作図の効率化とゆう観点から考えても、
とても効率的だとは、いえませんよね・・・

 

そこで、ここでは、もっと簡単な
矩形の中心点をだす方法』をご紹介しますので、
みなさんも、この方法を使って、
もっと作図作業の時間を短縮してください。

 

それでは、その方法をキャプチャー動画でご覧ください。

 

中心点のだしかた(クロックメニュー)

 

さて、キャプチャー動画をご覧いただいていかがでしたか。?

 

キャプチャー動画の中で、3つの中心点のだしかたを紹介しました。
みなさんは、どの方法が一番簡単だと思われたでしょうか。?

 

中心線』タブを使う方法も、
対角線』を描く方法も、
最後に不用な線を消去しなてはなりませんでした。

 

でも最後に紹介した、クロックメニューを使った方法では、
不用な線がありませんから、消去する手順が省けるので、
その分、作図作業の時間短縮につながりますよね。^^

 

それでは、クロックメニューを使った
中心点』のだし方の手順をご紹介しておきましょう。(^0^ )/

 

① ツールバーの『』タブを左クリックします。
② 始点を右クリック(点読取)で指定し、そのまま3時方向にドラッグします。
③ 対角線の接点を右クリック(点読取)で指定します。

 

手順はこれだけですから、とっても簡単でしょ^^

 

これだったら、無駄な消去の手順もなくなって、
作図作業に集中できますから、時間の短縮にもつながりますよね。^^

 

同じクロックメニューを使った、中心点のだし方ですが、
円のときとは、少し手順が違いますから、
使い慣れないと、忘れてしまう可能性もありますので、
このページをブックマークして、いつでも見られるようにしておいてください。

 

この使い方は、手順①のときに違うタブなどを選択すると、
点だけじゃなく、円でも矩形でも思いのままに、中心点から描くことが出来ます。

 

ですから、他のものを選択することで、違った使い方も出来ますので、
実際の作図作業のときにもとても役立つ使い方となりますから、
ぜひ覚えておいてくださいね。(^_-)-☆

 

 

Point !
クロックメニューを使った矩形の中心点をだす方法で、気をつけるのは、
始点で3時方向にドラッグし、クロックメニューが現れたら、
次に始点の対角の点を右クリックで指示するところです。

 

ここさえ間違わなければ、簡単に中心点を求めることが出来ます。

この使い方を応用すれば、図形を矩形の中心に描くことも出来ますので、
実際の作図の際にも、応用できるので、更なる時間短縮も望めますよ。^^

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad いろいろな線の描き方

線の描き方も、Jwcadを使いこなす上で、
基本の操作ですから、みなさんも私と一緒に練習してくださいね。

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク