スポンサーリンク

Jw_cadで線を描くと同時に寸法を入力する方法

Jwcadを使って線の描き方を練習してきましたが
ここでは、線を描くと同時に寸法も入れてしまう使い方を練習したいと思います。

 

描いた線の長さを入力しておけば後から寸法を計測する必要がなくなり、作図作業の効率化が図れると思いませんか。

 

ここではその方法と、表示のしかたについて練習しますから、みなさんも覚えて作図作業に活かしてくださいね(^_−)−☆

 

それでは早速、始めましょう(^0^ )/

 

 

線を描くだけで、その長さも同時に描けたら便利ですよね。
Jwcadにはそんな機能も備わってますから、作図作業に活用して、より効率的に作業をすすめるようにしてください。

 

それでは、下のGIFアニメをご覧ください。

 

寸法同時入力法

 

どうですか?
線を描くと同時に、寸法を入力するといっても、とても簡単な作業だったでしょ^^

 

やる事と言えば、コントロールバー右上の『寸法値』にチェックを入れるだけですから、作図作業といえるかどうか・・・

 

あまりにも簡単すぎて、拍子抜けしたでしょ^^

 

これだけの作業で、描いた線に寸法も同時に入力できるんだったら、作図の作業が楽になると思いますよね(^_−)−☆

 

 

上のGIFアニメでは寸法を入力しただけですが、『端点』と呼ばれる表示を同時に描くこともできますから、どこを基点にして計測してるのかを解りやすく表示することができますし、どこからどこまでというような表示にすることもできますので、より見やすい図面などに仕上げることができるようになると思いますよ(^^)

 

端点』の入力方法は下のGIFアニメをご覧ください。

 

端点入力方法

 

見て解るように操作するのは端点表示のチェックボックスと端点表示タブの二つだけですから簡単です。^^
こんなに簡単な操作だけで見やすい図面にできるんですから、いろいろな場面で活用したいですよね^^

 

端点タブのその隣の『<−−−』を使うと端点じゃなく矢印表示にすることもできます。
使い方は端点と同じです。

 

すでに描かれた図形や線の端点を指し示すときに便利なのが、最後の『』です。
これを使うとすでに描かれてる線を矢印付きにすることができるので、範囲指定するときなどに活用すると見やすい図面にすることができるんじゃ無いでしょうか。^^

 

このよう直線と寸法を同時に描く使い方も使い方次第で多彩な表現ができることを知っておけば、いろんな場面で活用することができて、より図面作成の時間短縮も図れるのではないかと思いますので、みなさんもおおいに活用してくださいね。(^_−)−☆

 

Point !
線を描く前に『寸法値』にチェックを入れると線を描くと同時に、長さが表示されるようになります。

 

また、角度や長さを指定して描くこともできます。

 

寸法同時入力

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 直線上の交点を読取る方法

交わってない直線の交点を簡単に読取るときの使い方を練習しておきましょう。(^0^ )/

 

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。