スポンサーリンク

Jw_cadでの長さ指定による直線の描き方

Jwcadでの簡単な直線の描き方や少し便利な機能の使い方などの練習を続けてますが
今回は、長さを指定して描く方法の練習です。

 

線の長さを指定て描く方法も実際の作業の中では、よく使う方法ですから、しっかりと練習してこのページを見なくても簡単に操作できるようにしてくださいね。

 

それでは早速、始めましょう(^0^ )/

 

 

通常、図面などを作成するときに描く直線は、実際の長さを縮尺に応じた長さで描くものですよね。

 

CADの場合縮尺を設定しておけば、その縮尺で線の長さや円の円周など描くものに合わせて表示してくれますから、実際に描きたい寸法を指定しておけば、簡単に描くことが出来るのはみなさん知ってますよね。

 

直線の描き方の一番最初に、マウスだけで描く方法を紹介しましたが、この方法だと特定の長さに描くのはとても困難な作業です。

 

描き方としては下の画像のようにステータスバーに角度と長さが表示されるので、時間をかければ描けないこともありませんが、そんな無駄な時間をかける必要などありません。

 

長さ指定方法

 

前の角度の項目では角度指定での描き方を練習しましたよね。
直線の長さ指定も同じように、特定の長さを指定することで指示どおりの直線が描けるようになり作図の効率が格段に良くなるんですから、この方法を使いこなせるようにならなければ、お話にならない必須項目ですから、みなさんもしっかり覚えてくださいね(^_−)−☆

 

下のGIFアニメで手順を確認してください。

 

長さ指定方法

 

とても簡単でしょ^^

 

こんな簡単な操作だけで、思い通りの長さの線が引けるんですから使わないという選択肢は無いですよね^^

 

GIFアニメを見てもらえれば解ってもらえたと思いますが、簡単に手順も紹介しておきますね。

 

@ いつもどおり、『』タブから始めます。
A 次に、コントロールバーの『寸法』入力に指定寸法を書き込む。
B 始点で左クリックして、描きたい方向にマウスポインタを移動する。
C 終点で左クリックする。

 

手順としては、これだけです。

 

今回紹介してるのは、角度などの指定はありませんが、『傾き』に数値を入力すれば、その角度で描くことも出来ますし、『水平・垂直』のチェックを入れれば、水平や垂直に描くことも簡単に出来ますよ^^

 

ちなみに今回描いた直線は、目盛グリッドを利用して「−45°」で描いてあります。

 

目盛グリッドがあれば、点読取機能を使って角度指定することなく、簡単に45°などの線を描くことが出来ますから、とても便利ですよ^^

 

もしまだ設定してなかったら、試しに一度使ってみてください。
目盛グリッドの設定方法は、『Jw_Cadの目盛グリッド設定方法』を見てください。

 

 

Point !
寸法』指定や『角度』指定などを組み合わせることで、思い通りの長さと角度で線を描くことが出来るようになります。
目盛グリッドを使うことで、さらに効率よく作業をすすめることが出来るようになります。

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 直線への寸法同時入力

Jw_cadの便利な使い方、直線と同時に寸法を入れる使い方を練習しておきましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。