スポンサーリンク

Jw_cad 角度の寸法入力方法

直線に対する寸法の入力は完璧にできるようになりましたか^^

 

水平垂直の寸法入力は図面作成の中で行う寸法入力の基本ですから、これが出来なくてはお話になりません。

 

直線に対する寸法の入力は、どんなCadを使うにしても必須ですよね。
勿論、Jw_cadだって同じですから、私のサイトのように練習するサイトを見なくても、的確にできるようにしてくださいね(^_−)−☆

 

今回は、直線の交点における、角度の入力方法を練習してみましょう(^0^ )/

 

寸法入力基本設定1

 

どんな図面を描くにしても直線の交点は必ず出現しますよね。

 

その中には、とても重要な角度を持ったものやそれほどでもないものなど、さまざまなものがあると思います。

 

仮に、とても重要な直線の交点に角度が入力されていなければ、その後の作業が滞るか、まったく使い物にならないものが出来上がるかのどちらかでしょう。

 

それでは、図面を描く意味がありません(>_<;)

 

図面の持つ意味が正確に見る人、作る人に伝わらなくては、図面とは呼べない、ただの紙切れとなってしまいますので、正確に伝えるためにも今回の角度の入力方法は、とても大切ですからここで、しっかりと練習しておきましょう。

 

それではキャプチャー動画をご覧ください。

 

角度寸法入力方法(アニメ)

 

キャプチャー動画をご覧いただいてどうでしたか?

 

とっても簡単だったでしょ^^

 

ここまで、練習してこられたみなさんなら手順などを見るまでもなく、すでに練習を進めておられることでしょう。

 

でも、順番に練習してこられた方ばかりでなく、この項目のみを検索されて私のサイトを訪れられる方もいらっしゃいますので、やはり操作手順を紹介しておかなくては、みなさんに正しい操作方法をお伝えすることができませんから、簡単に操作手順を紹介しておきますね。

 

@ ツールバーの『寸法』タブを左クリックします。
A コントロールバーの『角度』タブを左クリックします。
B 基準となる直線の交点を右クリック『点読取』で指定します。
C 入力位置指示線(実線)と基準線の交点で右クリックします。
D 角度を入力する直線と入力位置指示線(実線)の交点で右クリックします。

 

これで、角度の入力は終わりなのですが、キャプチャー動画のように、次の角度を入力することもできますから、上手に使えば下の画像のように360°全ての角度を入力することも可能ですよ^^

 

角度寸法入力方法

 

手順を文字で書くと、少し解り辛いかもしれませんが、キャプチャー動画と見比べて練習すれば、誰でもできると思います<( ̄^ ̄)>えっへん

 

最初にも書いたとおり角度の入力はとても大切な作業ですから、角度入力の手順をしっかり練習して、すぐに使えるようになってくださいね(^_−)−☆

 

Jw_cadの画面の左下のステータスバーに、次の操作の指示が出ていますから、その指示に従って操作するれば、ここで練習したものと同じ結果が得られますよ^^

 

Point !
角度を入力するときは、どこの角度を入力するのかを指示してから角度入力を始めます。
手順でいうと、Bの手順です。

 

間違って、直線を最初に指示してしまうと、意図しないところに入力位置指示線が描かれて角度入力できませんので、まず最初に角度を入力する直線の交点を指示すると覚えてくださいね^^

角度入力は、ほかにも活用範囲がありますから図面作成の中でいろいろと試してみてください。

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 円の寸法入力方法

Jwcadでの円の半径、直径、円周などの寸法入力方法を練習しましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。