初心者でも超簡単Jwcad |属性取得の使い方

属性を取得するときのJwcadの使い方

スポンサーリンク



Jw_cadで線属性や線色などを簡単に取得する
属性取得の使い方を練習をしておきましょう。

 

ここで使うのは、設定ツールバー赤枠のところです。
ツールバー測定1
ここを使うと、描かれている図形から線属性や線色などを簡単に取得することが出来ます。

 

この属性を使うと、レイヤーを使って図面を描いているときに、
別のレイヤーにその属性を簡単に取り込むことが出来るので、
統一感のある、完成度の高い図面を作成することが出来るようになります。

 

あまり長く説明文ばかりを書いていては、見る感覚で解説すると言う趣旨から外れてしまいますから、
早速、キャプチャー動画をご覧いただきましょう。
※一瞬のことなので、瞬き厳禁です。!

 

 

ツールバー測定(属性キャプチャー)

 

いかがだったでしょうか。
あまりにも簡単で、一瞬のことだったので、見逃した方もいらっしゃるんじゃないかと思います。
キャプチャー動画を作りながら、自分自身がこんなに簡単でいいのかと思うくらいでしたから、
おそらくご覧のみなさんも「な~んだ」って感じなんじゃないかと思います。

 

でも、これだけ簡単に線属性や線色などが取得できたら、
一々線属性の設定などする必要も無くなりますし、
「あれ?線の幅は、いくらだったっけ」なんてことも無くなりますよね。
それだけでも、作図時間を短縮できて、より効率的に図面を描けると思いませんか。

 

もうキャプチャー動画だけで十分操作の手順は、ご理解いただけていると思いますが、
一応、操作手順も解説しておきますので、サラッとご覧ください。

 

① 設定ツールバーの『属性』タブを左クリックします。
② 属性を取得する図形を左クリックで指定します。

 

これで終わりです・・・

 

この属性取得を使うには、設定ツールバーからのほかに、
メニューの『設定(S)』⇒『属性取得(Z)』からと、
後は、クロックメニューからも使うことが出来ます。

 

もうこれ以上説明することも有りませんので、今回はここまでと言う事で、
後はみなさんでしっかり練習して、使い方を習得してください。m(_ _)m

 

Point
属性』タブを使った属性取得は、
レイヤーを使っているときに便利な機能だと思います。
仮に、「0レイヤー」で描いていた図形と同じ属性で「1レイヤー」でも描きたいときには、
「0レイヤー」を作図可能状態で表示させておき、
「1レイヤー」で属性を取得すれば、「0レイヤー」の属性を「1レイヤー」でも継続することが出来ます。

 

このようにレイヤーと組み合わせて使うと、より効率的に作図することが出来るようになるでしょう。^^

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 線の角度を調べる使い方

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆






最新記事

Link


無料カウンター
マツエク