初心者でも超簡単 Jwcadでは、簡単な使い方を紹介しています。

Jw_cad 別図面の拡大、縮小と貼付け方法

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

別のJw_cad図面をコピー アンド ペーストする使い方は、
いかがでしたか?

 

大切な元の図面は、そのままに、
自分に必要な情報を追加して、最も見やすい図面を描くことで、
その後の作業などをスムーズに行うことが出来るようになるので、
とっても有効な使い方だと思うんですが、
みなさんは、どう感じましたか?

 

さて今回は、前回の使い方の応用編とでもゆう使い方で、
コピペする図面の拡大縮小を行ったり、
縮尺を変更したりする方法を練習してみましょう。

 

今回の使い方は、部分的に図面を拡大して、
詳細図などを描くときなどにとても便利な使い方だと思います。

 

何かを作るときに描くのが、図面ですが、
細かな部分を拡大して、
詳細な寸法図などを描きたいときってありませんか?

 

例えば、機械部品だったら、一つのパーツだけを取り出して、
細かな寸法を入力したりして、より詳細な図面を描くなど、
いろんな場面で、このような図面の描き方をすると思いますが、
そのたびに、一つ一つ描いていたのでは、
いくら時間があっても足りません(>_<;)

 

そんなときには、今回照会する方法を使って、
簡単に描いてください。

 

使い方も簡単ですから、
私のサイトをご覧いただいているみなさんには、
少しでも楽に図面などを描いていただきたいと思いますので、
ぜひこの使い方もマスターしてくださいね(^_-)-☆

 

それでは、今回もキャプチャー動画から始めましょう(^0^ )/

 

Jw_cad 別図面の拡大、縮小と貼付け方法

 

ご覧いただきましたように、前回練習していただいたのと同じように、
二つのJw_cadを起ち上げて、最初に起ち上げた方に元の図面を表示させ、
簡単にコピペで、同じものを描いていましたよね^^

 

ここまでだったら、前回と同じですが、
今回のものは、それぞれ大きさが異なっていたのにお気付きになりましたか?

 

それでは、簡単に操作手順を照会しておきますね^^

 

① メニューバーの  『編集(E)』 を左クリックし、
     プルダウンメニューから 『範囲選択(S)』 タブを左クリックします。
② コピー対象図形を範囲選択します。
③ メニューバーの 『編集(E)』 タブを選択し、
    プルダウンメニュー内の『コピー(C)』 を選択します。
④ Jw_cadを別に起ち上げます。
⑤ 起ち上げたJw_cadのメニューバーの 『編集(E)』 タブを左クリックし、
    『貼付け(P)』 を選択し、貼付け位置を決め、左クリックで貼付けを完了します。

 

この手順は、前回のものとまったく同じです。

 

これでは、今回何のために練習していただいているのかわかりませんよね (^^;汗)

 

ご照会した、コピペで簡単に別の図面に元の図面を描くときに、
貼り付ける縮尺を変更することで、
貼付け側の図形を大きくしたり小さくしたりできるんです。

 

その方法には、二つの方法があったのですが、お気付きですよね。

 

一つ目は、倍率を変更する方法でした。
元画像をコピーして、二つ目のJw_cadに貼り付ける際に、
コントロールバーの『倍率』 窓の数値を変更することで、
貼り付ける図形の大きさを変更する方法です。

 

キャプチャー動画では、前半部分で行っていたのが、この方法だったんです。

 

もう一つは、キャプチャー動画の後半部分で行っていたように
二つ目のJw_cadを起ち上げる時、予め縮尺を指定しておく方法になります。

 

キャプチャー動画では、すでに、縮尺1/50の図面枠を指定していましたので、
貼り付けられる図形は、1/50の縮尺に変更されて、貼り付けられていました。

 

元の図面の縮尺は、1/100でしたから、貼付け側の図形は、
倍の大きさになっていたことになりますよね^^

 

このように、倍率や縮尺を変更するだけで、
違った大きさの図形も、簡単に描くことが出来るんですよ^^

 

因みに、今回キャプチャー動画で使用していた図面枠は、
私が無料でみなさんに配布させていただいているものを使用していました。

 

無料配布させていただいている図面枠は、
比較的良く使われる縮尺や用紙サイズを指定して作っていますので、
ダウンロードいただければ、すぐに活用していただけるものになっていますので、
ぜひみなさんも活用してくださいね(^_-)-☆

 

無料配布、図面枠のダウンロードページは、こちらです。

 

Jw_cad用図面枠無料配布

 

ダウンロードの際には、一言コメントメールをお寄せくださいね。
この一言メールをお寄せいただくのが、唯一つのお約束になりますので、
よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

Point !
別図面の拡大、縮小と貼付け方法』 は、
前回照会した、図面のコピペに加えて、
倍率や縮尺を指定することで、思い通りの大きさで、
新しい図面として描く方法でした。

 

倍率の変更については、本編で述べたとおりですし、
縮尺変更についても、本編で述べているのですが、
補足事項として、縮尺の変更方法を照会しておきます。

 

作図画面、右下の『全体設定』 部分の下の画像部分を左クリックします。
Jw_cad 全体設定

 

次に、下の画像の赤枠部分の設定を行い、
最後に 『OK』 を左クリックして、設定します。
Jw_cad 縮尺設定

 

これで、図面の縮尺設定も完了ですので、
後は、元の画像を貼り付けるだけです^^

 

倍率変更の方法と縮尺変更の方法を上手く使い分けて、
みなさんの思い通りの図形を描いてみてください。

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad レイヤの使い方

Jwcad作図効率向上には、レイヤを使いこなすことが不可欠ですから
レイヤの使い方をしっかり練習しましょう(^0^ )/

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク