初心者でも超簡単 Jwcad

Jw_cad ハッチ(ハッチング)の使い方

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

Jw_cadの 『接楕円』 の使い方は、ご理解いただけましたか?

 

なんだかんだと小難しい書き方をしてしまって、
途中で、説明文を書いている私自身が混乱してしまって、
みなさんには、ご迷惑を掛けてしまったかもしれませんが、
拙い説明文とキャプチャー動画を見比べていただいて、
何とかご理解くださいm(_ _)m

 

どうしても、解らなかったら、メールをいただければ、
改めて、ご説明させていただきますので、お気軽にメールをください。

 

今回からは、『ハッチ』 の使い方を練習してみましょう。
この使い方も、図面作成の中では、比較的よく使うものですから、
ぜひ覚えていただきたい使い方ですから、
みなさんしっかり練習してくださいね(^_-)-☆

 

Jwcad ハッチ(ハッチング)の使い方

 

Jw_cadの 『ハッチ』 の使い方を練習していきますが、

 

まず最初に、Jw_cadでゆうところの 『ハッチ』 とは、「ハッチング」を略したもので、
直訳すると「網掛け」とゆうことになります。

 

その「網掛け」を簡単に説明しておきますと、
ある範囲に、水平垂直や斜めの線などで、装飾するとゆうことになります。

 

みなさんも、フォトレタッチなどを使って、
写真などを加工するときに使ったことがあるんじゃないでしょうか?

 

基本的な使い方としては、あまり変らないと思いますが、
Jw_cadで使う場合の目的としては、
「図面を見やすく、相手に的確に知らせる」とゆうのが、最大の目的ですから、
それに見合った使い方をするものですよね。

 

例えば、建築や土木などの図面で、矩面などを表すときに、
斜めの斜線で表したりしているのを見かけたことがありませんか?

 

また、店舗内などの天井材(ジプトーン)などの配置などを描いているのも、
多くは、この 『ハッチ』 機能を使っていることが多いものだと思います。

 

この 『ハッチ』 機能を使えば、どんなに大きな建物の天井でも一瞬で描けますから、
一々、寸法を測る必要もありませんし、
図面作成時には、大幅な時間短縮が図られますから、
Jw_cadを使う上では、必須の機能だと思いますので、
こちらで、この機能の使い方と、基本となる考え方を覚えてくださいね(^_-)-☆

 

また、私の拙い説明文で、みなさんが迷われるかもしれませんが、
出来る限り、丁寧な説明とキャプチャー動画を駆使して、
何とかみなさんにご理解いただけるようにがんばりますので、
どうぞお付き合いくださいm(_ _)m

 

それでは、早速下の項目から練習を始めてください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad ハッチの使い方(1)

Jwcadハッチの使い方(1)を練習しましょう(^0^ )/
Jw_cadでハッチとゆうのは、ハッチングの略です。
ですから、日本語訳すると、『網掛け』とゆうことになりますね^^

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク