初心者でも超簡単 Jwcad

Jw_cad を使うのに必要な図面枠の作成

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

これまで、Jwcadの入手方法から基本設定まで行ってきましたが
ここまでうまく出来ましたか?

 

これで、Jwcadを使っての図面作成の準備が出来ました。

 

いよいよ、Jwcadを使っての図面作成に取り掛かりますが
その前に、図面作成範囲を示す図面枠を作成しておきましょう。

 

あまり必要ないようですが、とっても大切な作業ですから、
ここで、図面枠の作成方法と、その必要性について理解してくださいね。

 

 

 

なぜ図面枠を作成するのか?
疑問を感じている人も居るんじゃないですか( ̄ε ̄;)

 

もうすでに気付いている人も居ると思いますがが、
Jwcadを起動すると、画面内に点線で囲まれた
作図範囲が示されていると思います。

 

しかし、この作図範囲表示だけでは、
図面などを描いていくときに、
Jwcadの持っている機能を使うことができないとゆう
状況が生じてしまい、とても使いにくくなってしまいます。

 

 

その使いにくくなるのを防ぐためにも
図面枠が必要なんです。

 

その使いにくさについては、
作図練習を行っていけば、理解いただけると思いますので
ここでは、深く触れることはしませんが、練習を進めていけば、
なるほど このためだったのか」 と解ります。

 

それでは、図面枠を描いておきましょう。
といっても、誰にでもできる簡単なものですから、
みなさんも下の手順に従って、作ってみてくださいネ (^_-)-☆

 

 

それでは、Jwcadを起動してください。

 

何も描かれていないJwcadが起ちあがりましたか?

 

そしたら、下の画像のように
右ツールバーの 『印刷』 タブを左クリックしてください。

 

図面枠作成1

 

印刷のための 「プリンター設定画面」 が現れるので
『OK』 をクリックしてください。

 

図面枠

 

すると、印刷範囲を示す枠が表示されます。
しかし、その表示は、縦方向の印刷範囲なので、
次に、下の画像の 『回転 0』 とゆうタブを左クリックしてください。

 

図面枠作成3

 

これで、下の画像のように、横方向の印刷範囲が表示されます。

 

図面枠作成4

 

この状態で、この範囲に図面などを描くと
印刷時には、すべてが印刷されるので、この範囲を確定して
同時に図面枠として表示させるために、下の画像で示している
枠書込』 タブを左クリックして、図面枠を完成させてください。

 

図面枠作成5

 

これで、印刷範囲と図面枠が同時に完成しました。

 

簡単だったでしょ^^

 

Point!
※『枠書込』 タブで表示される範囲は、
  使用中のプリンター及び設定内容により異なります。

 

印刷』 タブを使っての図面枠の作成で、
線属性』を変更すれば、指定した線属性で図面枠及び印刷範囲が表示されます。
また、印刷時には、指定された線属性で印刷されます。

 

『線属性』 変更方法
コントロールバー左端の線属性タブを左クリックし
下の画像の画面で指定してください。

 

線属性設定

 

線の色の設定は、左側の『線色』で変更し、
線の種類は、右側で選択します。
次に線の基本幅を指定して、最後に『OK』を左クリックすれば、
『線属性』の設定は終わりです。

 

ここで設定したものが、実際に印刷した際に、反映されますから、
描きたいイメージを想像して、設定するようにしてくださいね。

 

 

 

図面枠の作成と、線属性の変更方法について、
練習したので、次は、効率よく作図するための設定を
覚えておきましょう。

 

設定と言っても、いたって簡単なものですから、
覚えておけば、どんな縮尺の図面でも効率よく作業することができるようになるので、
みなさんも、この方法を覚えて、おおいに活用してください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 目盛グリッドの設定

 

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク