スポンサーリンク

Jw_cad AUTOモードの使い方(4)

JwcadAUTOモードの使い方をご紹介していますが、これまでのものはいかがだったでしょうか。少し物足りない気もするかと思いますが、確実に作図の時短には貢献できると思いますのでみなさんも活用してくださいね。

 

さてこのページでは、AUTOモードに備わっているほかの機能の使い方をご紹介しますのでお見逃しなく!!

 

AUTOモードで伸縮とコーナーの使い方

サブタイトルのようにAUTOモードで使える伸縮コーナー処理の使い方を練習しましょう。
これらも作図作業の中で、比較的よく使うものですよね。
交わった線の端が飛び出していたり、逆に短かったりしたときや描いた線が短かったり長かったりってことも多いですからね。
ですから、みなさんも作図作業の中でよく使ってるんじゃないですか。
そんな二つの機能もAUTOモードから簡単に使うことができますから、その使い方を覚えてくださいね。
(^_−)−☆

 

AUTOモード
キャプチャー動画だけでもう使い方もおわかりだと思いますが、簡単に手順をご紹介しておきますので今回もAUTOモードを開くところからはじめてください。
ツールバーからはじめるときは画像の赤枠のところを左クリックしてください。
AUTOモード

 

メインメニューからはじめるときは、
作図(D)』⇒『AUTOモード(X)』と進めてください。
これで、AUTOモードが使える状態になりましたので、次の手順で線や円を描いてください。

 

AUTOモードでの伸縮処理手順

@ 伸縮させる対象線を左クリックしてください。
A 伸縮させるところの線を右クリックすればそこまで伸縮できます。

 

AUTOモードでのコーナー処理手順

@ コーナー処理を行う1線を左クリックしてください。
A 1線目と交わる線を左クリックすればコーナー処理が行われます。

 

どちらの処理方法も手順としてはとても簡単なものですから、ここに関しては何の問題もありませんよね。
AUTOモードに備わっているいろんな機能を上手に活用することで、作図作業が一連の流れの中で行えるようになるのでとても便利なものですからみなさんもドンドンAUTOモードを活用してくださいね。
(^_−)−☆

 

Point!
AUTOモード機能で伸縮コーナー処理を行うには少し決まりごとがあります。
キャプチャー動画でもわかると思いますが、この二つの処理を行うには必ず交わる線が無くてはなりません。
つまり平行線上では処理を行うことができないんです。

 

ですから、必ず交点を持つ二本の線が必要になります。
このことだけは忘れないでください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 建具図(建平)の使い方

Jw_cadに装備されてる建具図面の使い方を練習しておきましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク