スポンサーリンク

Jw_cad AUTOモードの使い方(3)

JwcadAUTOモードの使い方(1)(2)としてご紹介した使い方はもう利用されましたか。
おそらくお使いになった方はその使い勝手の良さに驚くと共に、今ではAUTOモードで使うのが主流になってらっしゃるんじゃないですか。

 

永年使ってる私が一番思ってることですから、はじめてAUTOモードを使われた方の多くがAUTOモードから離れられなくなってることだと思います。

 

なんと言っても同じ作図画面内でいろんな作業がマウスだけでできるんですから効率的ですから、無駄な時間も少なくなってストレスだって軽減できますし、ドライアイにもなりにくくなりますよね。^^
こう考えてみるといいことずくめのAUTOモードですから、もう使わないなんて選択肢は残っていませんよね。

 

AUTOモードで矩形と複線の使い方

ここで練習していただくのはサブタイトルのようにAUTOモードで描ける矩形複線の使い方です。
このふたつも図面を描くときによく使うものだと思いますから、Jw_cadの作者さんもあると便利だろうと考えて入れられたものだと推察させていただきましたので、だったら使わせていただかないともったいないですから、使い方をしっかり覚えておきましょう。
(^0^ )/

 

AUTOモード
キャプチャー動画をご覧いただきましたけど、いかがですか。
ここもマウスの操作だけで矩形を描く機能にすぐ移行できましたし、複線を描く機能にも簡単に移行することができましたよね。^^
こんなに簡単にマウスだけで使えるんですから使わなきゃ損ですよ。
それでは簡単に手順をご紹介しておきますので今回もAUTOモードを開くところからはじめてください。
ツールバーからはじめるときは画像の赤枠のところを左クリックしてください。
AUTOモード

 

メインメニューからはじめるときは、
作図(D)』⇒『AUTOモード(X)』と進めてください。
これで、AUTOモードが使える状態になりましたので、次の手順で線や円を描いてください。

 

AUTOモードで矩形を描く手順

@ 作図画面内の何も描かれていないところで右クリックしてください。
A コントロールバーでサイズを指定するときは、入力窓に数値を入力してください。
B 矩形を描きこむ位置を決めて左クリックで描きこんでください。

 

AUTOモードで複線を描く手順

@ 複線を描く対象線を右クリックしてください。
A コントロールバーの『複線間隔』入力窓で複線の間隔を指定してください。
B 複線を描く方向でを左クリックしてください。

 

ここでご紹介した手順に関しましては、すでに各項目でご紹介した基本的な使い方ですから、みなさんすでに使いこなされているものだと思います。

 

AUTOモードで使うことで作図画面内で作業が完結するので絶対便利ですから、みなさんもぜひ活用してくださいね。
(^_−)−☆

 

Point!
AUTOモード機能で矩形複線を描くときは右クリックで始めます。
矩形の場合は無地のところで、複線の場合は対象線の上で右クリックすることで、コントロールバーがそれぞれの機能のものに変化しますので、後は普通にそれぞれの図形を描いてください。

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad AUTOモードの使い方(4)

Jw_cadに装備されてるAUTOモード使い方を練習しておきましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク