スポンサーリンク

Jw_cad AUTOモードの使い方(1)

Jwcadに標準装備されているAUTOモードという機能はご存知ですよね。

 

クロックメニューをご紹介したページでも少しだけ触れていたんですけど、このAUTOモードを使いこなすことでさまざまな機能をこれまでのようにツールバーやメインメニューから始めなくてもよくなりますから、作図に掛かる時間も短縮できますし、無用なストレスも少しは軽減できるんじゃないかと思いますよ。^^

 

クロックメニューも便利ですけど、さらに便利なのがAUTOモードですから、ぜひみなさんにも使いこなせるようになっていただきたいと思っていますので、少し真剣になってこれから練習していただくAUTOモードを自分のものにしてくださいね。
(^_−)−☆

 

少し真剣にとは言っては見たもののこれまでの内容をご覧いただければ、そんなに難しいものではないことは容易に想像できでしょう。^^
前置きが長くなってしまいましたので、そろそろ本題に入りましょう。
(^0^ )/

 

AUTOモードで線と円を描く使い方

AUTOモードを使って、簡単に線や円を描くことができるんですよ。
その使い方もとっても簡単ですから、ぜひみなさんにも使っていただきたいと考えて、ここで少し練習していただきたいと思いますので、まずはキャプチャー動画をご覧ください。

 

AUTOモード

 

さあいかがでしたか。
これまでのようにツールバーからそれぞれの機能を呼び出すことなく、いきなり画面に線や円を描き始めることができましたよね。
少し手間が省けただけのように思えますけど、これってかなり便利だと思いませんか。?
私はAUTOモードで図面を描くことが多いので、その便利さを日々実感していますのでみなさんにも使っていただきたいと思ってます。
キャプチャー動画をご覧いただいただけで使い方はおわかりだと思いますが、簡単に手順だけ紹介しておきますのでキャプチャー動画と見比べながら練習してくださいね。

 

最初にAUTOモードを開始する手順を確認してください。
ツールバーからはじめるときは画像の赤枠のところを左クリックしてください。
AUTOモード

 

メインメニューからはじめるときは、
作図(D)』⇒『AUTOモード(X)』と進めてください。
これで、AUTOモードが使える状態になりましたので、次の手順で線や円を描いてください。

 

AUTOモードで線を描く手順

@ 作図画面で線の始点を左クリックしてください。
A マウスポインターを終点に移動して、左クリックして線を描いてください。
※端点を活用する場合は端点を右クリックしてください。

 

AUTOモードで円を描く手順

@ 作図画面で円の基準点を左ダブルクリックしてください。
A マウスポインターを終点に移動して、左クリックして円を描いてください。
※端点を活用する場合は端点を右ダブルクリックしてください。

 

手順のご紹介なんて大袈裟に書きましたけど、線も円も手順としてはこの二つだけですから何も問題ないですよね。^^
気を付けていただきたいのが、円のときはダブルクリックするところだけです。

 

どちらの操作を行っても、すぐにコントロールバーがそれぞれのものに変ってるのがわかるようにAUTOモードならいきなり描きたいものを簡単に描けるようになるんですよ。
便利でしょ。^^

 

AUTOモードで使える機能はほかにもたくさんあるんですけど、いろいろと操作手順が違ったりしますので、順番にご紹介しますので続けてご覧くださいね。
(^_−)−☆

 

Point!
AUTOモード機能を選択すると、コントロールバーがまず変るので、そこを確認してください。
次に重要なのが、AUTOモードは一度選択すると離脱するまで機能が維持されるので、操作方法を変えることで別の機能も簡単に使うことができますので、次から次へと作図作業を進めることができます。

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad AUTOモードの使い方(2)

Jw_cadに装備されてるAUTOモード使い方を練習しておきましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク