スポンサーリンク

Jwcad 座標ファイルの使い方

Jwcadでの座標ファイルの使い方を練習してみましょう。

 

前回、練習した『座標測定』はいかがだったでしょうか。
何だか手順が多いように感じた方も多いのではありませんか。
私も、手順を文字に起しながらそう思ってたんですが、単純に考えればポイントを読取って測定結果を書込むだけのことなんですよね。

 

ですから、別に難しい操作なんて何もありませんのでみなさんもすぐにできたと思います。
あんなに簡単に座標を測定できると便利ですよね。^^

 

さて今回は、前回測定した座標を使って簡単に図形化する使い方を練習してみましょうね。^^
座標測定』と組み合わせることで、すぐに図形化することができますから、とっても便利な使い方ですよ。^^

 

さて今回使用するタブは下の画像の赤枠の部分です。

 

座標ファイル1

 

前回は『計測』 タブを使っていましたが、今回は『座標』 タブを使います。

 

同じように座標を扱うのですが、まったく別物だと考えていただいたほうがいいかもしれません。
でも、結果的に扱うのが座標であることに代わりないんですけど、その扱い方が計測で使ってたものとはまったく違うんです。

 

ページのタイトルにもありますように今回主に使うのは『座標ファイル』と言うものになります。

 

いきなり、『座標ファイル』を使いますと言われても、何のことだかさっぱりわかりませんよね。
┐( ̄。 ̄)┌

 

私が勉強したときもそうだったんですが、沢山のサイトで調べてみても直感的にわかるサイトが無くて専門用語の羅列のような説明ばかりで、すぐに使いこなすことができませんでした。

 

これでは、よほど必要に迫られてる人しか粘り強く練習することはありませんよね・・・
ですから、私がこのページでどこよりもわかりやすく解説しますので、絶対に諦めないでくださいね。
(^_−)−☆

 

それでは前回測定した座標をファイルにして保存することからはじめましょう。

 

座標ファイルの保存方法

Jw_cadで座標を扱うためには、まず測定した座標データを適切に保存して管理する必要があります。
そのために行うのが『座標ファイル』の保存ですが、Jw_cadの中に『座標ファイル』の保存という項目は存在しません。

 

それではどのようにして保存するのでしょうか。?
こんな疑問が湧いてくるのは当然ですから、これからその方法をわかりやすくお伝えしますので、順番に読み進めてください。

 

ということで、前回の『座標測定』で得られたデータをもう一度見てみましょう。
書き出してみると下のようになりますよね。

 

って、言ってもこの数字だけじゃ、何のことだかわからない方のほうが多いでしょう。
お仕事で座標を扱うことの多い方なら、これだけで大体のイメージはできると思いますが、一般の方では どんな形になるのかイメージできないと思います。

 

Y軸からX軸から
106106
106606
356606
356356
606356
606106
106106

これが前のページで測定した座標データですが、このままでは使うことができないので、このデータを使えるようにするために適切に保存する使い方を練習していただきますね。
(^0^ )/
それでは保存方法をキャプチャー動画でご覧ください。

 

座標ファイル保存アニメ

 

キャプチャー動画をご覧いただいただけで、座標ファイルの保存方法はお解かりですよね。^^
でもやっぱり自分の備忘録とするためにも保存の手順を書きとめておきますのでご覧ください。

 

@ ツールバーの『座標』タブを左クリックします。

メインメニューからはじめる手順はこちらを確認してください。

メインメニュー】⇒『その他(A)』⇒『座標ファイル(F)』と進めます。

A コントロールバーの『新規ファイル』を左クリックします。
B メモ帳が起ちあがるので、座標データを書き込みます。
C メモ帳の「ファイル」タブを左クリックして保存先フォルダを開きます。

保存先フォルダは任意で選択できるますから、新しく専用のフォルダを作って管理するといいでしょう。

D ファイルに名前を付けて保存して完了です。

 

これで座標ファイルの保存は完了ですが、座標ファイル作成の際にキャプチャー動画のようにほかのエディターで作成しておいた座標データをコピペすると簡単ですよ。^^
座標データは測定したときに作っておけばいいだけですから時間の無駄もありませんよね。^^

 

これで簡単に座標データを図面に取り込む準備が整いましたので、次は座標データを使って簡単に図形を添付してみましょう。

 

 

座標ファイルの使い方

これから使うのは、今保存した座標ファイルですから、保存場所もすぐにわかるでしょうから何の問題もありませんよね。

 

順序どおりにご覧いただいてる方は、これから使う座標データで示されてる図形がどんな形になるのかお解かりだと思いますが、このページだけ見てる方は、まったく想像がつかないと思いますけど、ご安心ください。

 

ここで練習する方法を使えば基準点を決めるだけで、一瞬で図形化することができますからすぐに図形を確認することができますよ。^^

 

それでは実際の作業状況をキャプチャー動画でご覧ください。

 

座標ファイル(アニメ)

 

いかがだったでしょう。

 

基準点一つだけで、簡単に座標どおりの図形が描けましたよね。^^
とっても簡単で、素早く、確実に、座標どおりの図形が描けるこの方法は、建築関連の方や測量関連のお仕事に携わっている方には、とっても便利な使い方だと思いませんか。^^

 

それでは、座標ファイルの操作方法をまとめておきますのでキャプチャー動画と合わせてご覧ください。

 

手順@ ツールバーの『座標』タブを左クリックします。

メインメニューからはじめる手順はこちらを確認してください。
メインメニュー】⇒『その他(A)』⇒『座標ファイル(F)』と進めます。

手順A コントロールバーの『ファイル設定』タブを左クリックします。
手順B 座標ファイル保存フォルダ内から使用する座標データを選択します。
手順C コントロールバーの『ファイル読込』タブを左クリックします。
手順D 基準点を右クリックで点を読取って完成です。

 

座標ファイルの操作は基本的にはこれだけですから、さほど難しくもないですよね。

 

これを文字だけで理解しようとすると少し躓く原因になってしまうんですが、キャプチャー動画と見比べながらなら間違うこともないですよね。^^

 

このように、初心者の方でも必ず使えるようになれるようにと開設したサイトですから、どこよりもわかりやすくマニュアル本など必要ないように書いているつもりなんですが、みなさんのご感想はいかがでしょうか。?

 

これで座標ファイルの使い方は終わりなんですけど、ちょっと使い方がわかりにくかったかもしれませんので、もしわからないときはキャプチャー動画と手順説明を今一度ご覧ください。m(_ _)m

 

 

Point!
座標ファイル』 をいくつか使うときには、ファイル編集段階で一つの座標ファイルには、一つの計測座標を書いて保存してください。
一つのファイルに、いくつも一緒に書いてはいけません。

 

ですから、複数の座標点ファイルを作るなら、名前を変えて保存してください。
例えば、File No1、File No2、File No3と言った感じで保存してください。

 

保存したファイルを使うときは、コントロールバーの『ファイル名設定』タブを左クリックすると座標ファイルが保存されてるフォルダが開くので、使いたい座標ファイルを左クリックで選択し、つづいて『ファイル読込』タブを左クリックして図面上に貼り付けます。

 

一つの座標ファイルに複数を書くと、全て同時に出てきますので、使い物にならなくなってしまいますので注意してください。

 

みなさんも、座標ファイルを上手に使って、もっとJw_cadを便利に使ってくださいね。(^_−)−☆

 

こちら

次は、こちらから。

Jwcad レイヤの使い方

Jwcadをもっと活用するためにレイヤ使い方を練習しておきましょう。

(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク