スポンサーリンク

Jwcadでの座標の測定方法(1)

Jwcadでの座標の測定方法を練習してみましょう。

 

Jw_cadで座標を簡単に読み取って、その結果を図面に書き込む方法を練習して、より便利にJw_cadを使えるようになりましょう。

 

何も無い図面に基準点とポイントを描きこんで、基準点からの座標の位置を簡単に出せたら便利だと思いませんか。
ここでは、そんな便利Jw_cadの機能を練習していただきますね。

 

座標測定

 

さて冒頭でもお話させていただいたように、今回練習していただくのは『座標の測定方法』ですので、上の画像のようにツールバーの『測定』タブを使って行います。

 

測定』タブをクリックしていただくとコントロールバーに下の画像のようなタブが現れます。

 

座標測定1

 

コントロールバーの中でも、赤枠で囲った『座標測定』タブをクリックして測定の準備をします。
これで、いつでも測定できる状況なのですが、測定を始める前に少しだけ設定を変更しておきましょう。

 

設定と言ってもさほど多くありませんし、この変更を加えておくことで、後々使いやすい状態を構築することができますので、ぜひみなさんも設定を変更しておいてくださいね。

 

それでは、設定の変更を行っていきましょう。
まず最初に行うのは『少数桁』の変更です。
私のJw_cadでは、画像のように『少数桁 3』となっていますが、これは 「計測結果を少数点以下3位まで表示しますよ」 と言う事ですが、今回は練習ですので、そこまで厳密な数値は必要ありませんから、小数点以下1位までとしますので『小数桁』タブをクリックして『少数桁 1』にしてください。

 

続いて『書込設定』の変更を行います。
書込設定』タブをクリックしていただくと下の画像のような画面に変ります。
ここで、細かな設定を行っていきましょう。

 

座標測定2

 

これが書込設定画面ですので左端から順番に解説しますね。

 

ここでは、書込みを行うときの文字の大きさなどを変更します。
画像では『文字 3』となっていますが、これは文字の大きさが「3」だと示しています。
この『文字 3』と言うのは、メインメニューの『設定(S)』⇒『基本設定(S)』⇒『文字』で設定されたものが反映されます。

 

次に『少数桁』の有無を設定します。
今回は少数桁1位まで表示させますから、ここは『少数桁 有』としておきます。

 

続いて『カンマ』を付けるか付けないかを選択します。

 

次は、小数点以下の処理についての設定です。
ここをクリックすると『四捨五入』⇒『切り捨て』⇒『切り上げ』と変更することができます。

 

次は『単位表示』の有無を選択します。

 

全ての設定が終わったら最後に『OK』をクリックして設定を反映させます。

 

これで、座標測定の準備が整いましたので、次回は座標の測定方法を練習していきたいと思いますのでまずは、みなさんのJw_cadでお好みの設定に変更しておいてくださいね。(^_−)−☆

 

こちら

次は、こちら。

Jwcadでの座標の測定方法(2)

座標の位置を簡単に測定して、同時に測定結果を書き込んでみましょう。

(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク