スポンサーリンク

Jw_cad 分割処理の使い方(点と線の活用)

Jw_cadのツールバー『分割』で点と線で分割する使い方の練習を始めます。

 

今回練習していただく『点と線の活用方法』は、ほとんど真新しいものはありません。

 

って、こんなことを書いたら多くの方がスルーしてしまうんじゃないでしょうか・・・

 

確かに、基本的な使い方としては、ほぼ同じなのですが、得られる結果に関しては、これまでのものとは異質なものですからスルーせずに最後まで読んで、しっかり練習していただきたいと思います。

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(分割処理)

 

等距離分割』の練習も今回で3回目ですが、前2回の内容はご理解いただけましたか?

 

コントロールバー

 

初回などは、もうすでに使っておられる方もいらっしゃるのではないかと思うくらいの内容でしたし、2回目にしても、さほど難しいものではありませんでしたから、みなさんここまでは大丈夫ですよね。(ーー )

 

疑いの眼を向けてしまって失礼いたしました。m(_ _)m

 

聡明なみなさんですから、つまらない心配は無用でしたね。(6 ̄  ̄)ポリポリ

 

それでは今回もキャプチャー動画をご覧ください。

 

Jw_cad 線の分割処理の使い方(点と線の活用)

 

さあキャプチャー動画をご覧いただいてご理解いただけましたか?

 

少し、ご紹介する項目が多かったので、いつもより少し手順が早かったので解りにくかったかもしれませんね。
それでもイメージは掴んでいただけたと思います。

 

前半部分は、これまでご紹介した等距離点の付け方と違う使い方でしたね。
そして後半部分では、線を使った手法をご紹介しておきました。

 

いずれも、これまでとは少し違ったものだったと思いますが、考え方はこれまでに練習して覚えていただいたものと同じですから、後の解説をご覧いただければ簡単にご理解いただけると思いますので、最後までしっかりお読みいただいて一つ一つ練習してくださいね(^_−)−☆

 

仮想線上に等距離点を付ける使い方

Jw_cad 線の分割処理の使い方(点と線の活用)1
この方法については解説するようなことも無いでしょう(^0^ )/
もうみなさんは、この画像だけでおそらくご理解いただけていると思います。
この考え方はすでに勉強しましたもんね^^

 

ですので、簡単に手順だけ紹介しておきますね。

 

等距離分割のラジオボタンを左クリックして、分割数を設定して、作図準備を済ませて
@ 始点となる線の端点で右クリック(点読取)します。
A 終点となる線の端点で右クリック(点読取)します。
B 始点、終点の端点間で右クリックします。

 

これで、仮想線上に等距離分割点が付けられます。

 

 

仮想線で結んだ矩形の等距離分割の使い方

Jw_cad 線の分割処理の使い方(点と線の活用)2
キャプチャー動画での手順をご紹介しておきます。

 

等距離分割のラジオボタンを左クリックして、分割数を設定して、作図準備を済ませて
@ 始点となる線の端点で右クリック(点読取)します。
A 終点となる線の端点で右クリック(点読取)します。
B 等距離分割する線上で左クリックします。

 

これで画像のように等距離分割点が描かれますが、指定する始点と終点が違えば別の結果となります。

 

その結果については下の画像で確認してください。

 

img/split10-1.bmp

下の画像にマウスカーソルを合わせると上の画像が入れ替わります。

img2_thumb img3_thumb img7_thumb img7_thumb

 

 

多点指示による等距離分割の使い方

Jw_cad 線の分割処理の使い方(点と線の活用)split9

 

これまでは、線1本ずつを等距離分割する使い方でしたが、この使い方なら一度に沢山の線を等距離分割することが出来ますから、実際の作図作業の効率もかなりよくなるんじゃないでしょうか^^

 

それでは手順を簡単に紹介しておきますね。

 

等距離分割のラジオボタンを左クリックして、分割数を設定して、作図準備を済ませて
@ 始点となる線の端点で右ダブルクリック(点読取)します。
A 第一中間点を右クリック(点読取)で指示します。
B 第二中間点を右クリック(点読取)で指示します。
C 終点となる線の端点で右ダブルクリック(点読取)します。

 

これで、一度に三辺を等距離分割することが出来ました^^

 

今回は、三辺を例に練習しましたが、中間点を増やせば四角でも五角形でも六角形でも出来るということですから、思いのままに等距離分割が活用できるということですから、作図作業中にこのような作業が必要なときは ぜひ活用してくださいね(^_−)−☆

 

 

交点を伴う線による等距離分割の使い方

Jw_cad 線の分割処理の使い方(点と線の活用)split8
交差する2線を使っての等距離分割ですが、少し考え方が普通の考え方とは違いますが、画像をご覧いただければご理解いただけると思います。

 

交点からの長辺の長さは同じですが、短辺の長さが違いますよね。
それに伴って両長辺の端点を結んだ仮想線と両短辺を結んだ仮想線に角度の違いが生じていますよね。
その為、短辺側の等距離分割点が変わってきますので描かれる線の角度が微妙に変り、結果的に画像のような図形になるんです。

 

仮に、長辺も短辺も長さが同じなら、等距離分割線は全て交点を通過して扇型になります。

 

この二つの考え方を比較していただければ、ご理解していただけると思うんですが、
私の文章力不足で解りにくいかもしれませんが、少し練習していただければ すぐにその違いがご理解いただけるでしょう。

 

それでは簡単に手順をご紹介しておきますね。

 

等距離分割のラジオボタンを左クリックして、分割数を設定して、作図準備を済ませて
@ 第一指示線を左クリックで指定してください。
A 第二指示線を左クリックで指定すれば画像のように等距離分割線が描かれます。

 

操作としては、たったこれだけですから何もわざわざ手順を紹介するほどでもありませんでしたね (^^;)

 

さて、次にご紹介しようと思ってた『逆分割』ですが、考え方は前と同じですから改めて補足するようなことも無いのですが、あえて補足するなら『逆分割』ですから画像のように仮想線が逆になるので、出来上がる等距離分割線の形が違ってきます。
Jw_cad 線の分割処理の使い方(点と線の活用)split7

 

さてこれで今回の課題は終了ですが、少し長くなりましたので みなさんお疲れではありませんか?

 

少し、熱いコーヒーでも飲んで一息入れてリフレッシュしてください^^

 

私もコーヒーをいただきますので^^

 

ちょっと休憩

 

Point !
等距離分割』の使い方も いろいろあるということをご理解いただけましたか?

 

どのように活用するかは、みなさんの使い方次第ですから、上手に活用してより効率的に作図できるように、しっかり練習して習得するようにしてください。

 

また組み合わせ方次第で、さまざまな図形を簡単に描くことも出来ますから、独自の使い方を考案されて、より簡単に図形などを描けるように考えてみてください。

 

等距離分割の活用は作図作業の効率化だけでなく、Jw_cadの新たな可能性を広げてくれるものだと思いますので、みなさんもその可能性を広げてくださいね(^_−)−☆

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 分割処理の使い方(円の分割)

Jwcadの 『分割処理』 で
円の分割の使い方を練習しましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク