スポンサーリンク

Jw_cad 包括処理の使い方『編集(2)』

Jw_cadのツールバー『編集(2)』の練習を始めます。

 

まず最初に練習していただくのは『包括』という機能です。

 

包括』と略してありますが 正確に言えば包括処理ということになります。

 

これでも、その内容は解りにくいですよね( ' へ ' ;) う〜ん…

 

私も最初は何のことなのか?
どう使うのか?

 

まったく想像もつきませんでしたので、言葉からだけで理解するのはとても難しいと思います。

 

そんな『包括(包括処理)』の使い方をこちらでしっかり覚えて、みなさんの作図作業に活かしてくださいね(^_−)−☆

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(包括処理)

 

上の画像の『編集(2)』の『包括』タブから始める包括処理ですが、メインメニューからはじめることもできますのでその手順を紹介しておきますね。(^_−)−☆

 

メインメニュー】⇒『編集(E)』⇒『包括処理(H)

 

これで『包括処理』を使う準備が整いましたので、早速基本的な使い方から練習を始めましょう。(^0^ )/

 

包括処理の基本的な使い方

ここで練習する『包括処理』で、いったいどのようなことができるんでしょう。?
コマンドのネーミングから、何かを包括的に処理することができることは想像できますが何をどのように包括的に処理できるのかが判然としませんよね。

 

それを文章力の乏しい私が文字でお伝えするのはとても難しいので、下のキャプチャー動画を見てください。

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(包括処理)

 

ご覧いただいたのは壁や柱を描くときに使うと便利な使い方でしたが、いかがだったでしょうか?
キャプチャー動画のはじめのほうでコントロールバーの包括コントロールバーここを操作していましたよね。
ここはどの線種を対象にするのかを設定する部分なので、包括処理を行う前に設定するようにしてください。

 

新築や改築の図面でよく見かけるものだと思いますから、お家を新築された方やリフォームをなさったことがある方なら、建築会社さんなどから図面をいただいてご覧になったことがあると思いますし、もちろんその関係のお仕事をなさってる方なら日常的にご覧になってるものだと思います。

 

一見簡単そうなものですが、本当に手作業だけで描こうとすると以外に時間の掛かるもので、不用線の消し忘れや必要な線を消してしまったりと、イライラの原因のような要素がいっぱい詰まったものですよね。 (*_*)

 

でもご覧のように、いとも簡単に不用線を消去して壁や柱構造が描けていましたよね^^
これなら作業手順も大幅に減らせて簡単ですし、間違う心配も無いですから安心ですよね (-ω☆)キラッ

 

今見ていただいたものは、各線が重なったものを包括処理したものでしたが、次は離れた線に包括処理を施してますので、違いをゆっくりとご覧くださいね。(^_−)−☆

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(包括処理)

 

前のものとは違って離れた線を繋ぐと同時に不用な線も消去されましたね。^^
これなら簡単に壁構造図や会社案内図に掲載するような簡単な地図くらいならすぐに描けるようになると思いませんか。

 

包括処理の使い方を正しく覚えておけば、手間のかかる作業も一瞬で終わらせることができますから、図面作成に掛かる時間も大幅に短縮できることが期待できますので、ぜひみなさんにも活用していただきたい機能です。

 

包括処理』が便利なことはご理解いただけたと思いますが、こんな便利な包括処理にも少し約束事がありますので、約束事をまとめておきますのでご覧ください。

 

包括処理の約束事

@ 包括処理行う対象線は同じ線種、線色であること。
キャプチャー動画なら中心線の一点鎖はブルーですし、実線は紺色で統一してあるので包括処理が可能ですが、ほかの線種や色が混在してると包括処理されません。

 

A 包括処理を行う対象線は同一レイヤーにあること。
包括処理を行おうとする対象線は同一グループ、同一シートに描かれていなくては包括処理ができません。

この2点を守れば『包括処理』を使ってキャプチャー動画のように簡単に処理することができて、とても便利ですよ。^^

 

ここまでが『包括処理』の基本的な使い方でしたが、次はちょっと裏技的な使い方をご紹介しておきますので、使えるなと感じたら使ってくださいね。^^

 

 

Point!
編集(2)包括処理』の使い方としては、本編でご紹介したような使い方になりますが、包括処理を上手く使うポイントは、範囲指定の範囲と線種の指定そして左右のクリックの使い方になります。

 

基本的には左クリックで作業するのが一般的ですが、指定範囲内に複数の異なる線種が混在する場合は、終点で右クリックすると指定した線種のみを消去することが出来ます。

 

キャプチャー動画の中で『Shifit』 キーを押しながら左クリックして、終点を指定する使い方をしていましたが、あの使い方はとても便利な使い方ですから覚えておくと図面作成がスムーズに行えるようになりますよ。^^

 

ここまでが『包括処理』の基本的な使い方でしたが、次はちょっと裏技的な使い方をご紹介しておきますので、使えるなと感じたら使ってくださいね。^^

 

包括処理のもっと便利な使い方

その使い方とは、不用な線を消去することに注目して、多くの不用線を一度に消去する使い方になりますので、キャプチャー動画で使い方を確認してください。

 

包括処理

 

ご覧いただいたようにいろんな不要線を簡単に消すことができましたね。^^
これが包括処理を使った便利な使い方の一端です。
使い方としては普通に包括処理を使うのですが、途中で行ってた『線種』の選択をしっかり行うことと、左右のクリックを上手に使い分けるようにすることがとても大切です。

 

仮に最終決定の段階で左右のクリックを間違うと違う結果になってしまって慌てるかもしれません。
でもそんなときでも慌てずに、ツールバーの『戻る』タブを左クリックして、一つ前の作業状態に戻してもう一度やり直せば済む話ですから、決して慌てずに冷静に対処するようにしてください。

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 分割処理の使い方『編集(2)』

Jwcadツールバー 『編集(2)』 の 『分割処理』 の使い方を練習しましょう。
(^0^ )/

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク


 


Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_−)−☆




初心者でも超簡単 Jw_cadは
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


マツエク