初心者でも超簡単 Jwcad

Jwcad 座標の測定方法(2)

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

Jwcadでの座標の測定方法を練習してみましょう。

 

前回で、座標測定の事前設定は、終わっていますから、
今回は、実際に座標の測定を行ってみたいと思います。

 

もちろん、これまで同様に、
キャプチャー動画や、細かな画像なども交えて、
初心者でもわかりやすい解説に努めて掲載していますので、
みなさんは、まずは、解説どおりに行ってみて、
座標の測定の流れを掴んでくださいね。(^_- )-☆

 

座標測定

 

座標の測定』の練習を始めますが、
この座標の測定で得られるものは、
その後の作図作業を効率よく進めるためのデータですから、
ここで得られたデータを活かすためにも、
座標の測定』をしっかり練習して、使い方を習得してください。

 

それでは、早速、実際の測定風景をご覧ください。

 

座標測定(アニメ1)

 

キャプチャー動画をご覧いただいて、イメージは掴んでいただけましたか。
このように、基準点とポイントさえあれば、簡単に座標の計測が行えますから、
次の作業がとっても楽にできるようになりますので、
ぜひ、みなさんも座標の測定方法をマスターしてくださいね。(^_-)-☆

 

それでは、簡単に手順を紹介しておきますね。^^
手順① ツールバーの 『測定』 タブを左クリックします。
手順② コントロールバーの 『座標測定』 を左クリックします。
手順③ 基準点を右クリックで読み取ります。
手順④ 測定ポイントを右クリックで読み取ります。
手順⑤ コントロールバーの 『測定結果書込』 を左クリックします。
手順⑥ 測定結果の書込み位置を左クリックで指示します。

 

後は、手順 手順④~⑥ を繰り返すだけですから、操作と言っても、
そんなに難しいものではありませんよね。^^
欲を言うなら、測定と同時に数値が入力されればいいんでしょうけど、
図面作成上、邪魔になることもあるので、現在のような設定にしてあるのだと思いますが、
でも、同時に入力できたほうが、もっと便利だと思いますよね。

 

でも、あまりわがままを言っていると、
無料でJw_cadを提供してくれている作者さんに叱られそうですね。(^^;)

 

少し、手順が増えてしまいますが、とっても便利な機能だと思いますから、
ぜひみなさんも活用してくださいね。(^_-)-☆

 

Point!
座標測定』 を使うときは、
基準点をしっかり明示しておくことが大切です。
基準点が曖昧だと、後の作業に影響してきますので、
しっかりと明示するようにしてください。

 

測定結果の書込み位置は、文字の左下を基点として描かれますので、
文字のサイズなどを考慮して、適切な位置で左クリックして決定するようにしてください。

 

 

それでは、みなさんもしっかり練習してくださいね。(^_-)-☆
私もがんばります。!

 

 

こちら

次は、こちらから。

Jwcad 座標ファイルの使い方

測定した座標の位置を使って、簡単に図形を描いてみましょう。

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク