初心者でも超簡単 Jwcad

Jwcadでの座標の使い方

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

Jwcadでの座標の使い方を練習してみましょう。

 

座標を使いこなせるようになると、
ポイントだけ示されたような図面からでも、
簡単に図形化することができたり、
座標の位置を簡単に測れたりできるので、
作業効率もアップしますし、お仕事の幅も広がると思いますよ。^^

 

座標を使うなんて、趣味でDIYなどをしている方にとっては、
あまり縁のないお話かもしれませんが、
覚えておくと、同じ図形を描くときなんかにとっても便利です。

 

でも、主に使われるのは、建築関係の方かもしれませんね。
そのほかの職種の方でしたら、測量関係の方なんかも、使われるでしょうか。

 

いずれにしましても、覚えておいて損のないものですし、
元々、無料で使わせていただいているJw_cadですから、
1円だって無駄にならないんですから、挑戦するだけの価値は、ありますよね。^^

 

私も座標に関しては、Jw_cadを使い始めた当初は、

 

私は、使わないからと、勉強しなかったんですが、

 

あるお仕事がきっかけで、使い始めたら、
便利なので、今では、何かと活用しています。

 

でも、今まで練習してきたことと、組み合わせることで、
便利に使える機能ですので、
ここだけ練習したとしても、その便利さには、気付かないと思います。
ですから、これまでに練習してきたことをしっかりと覚えて、
尚且つ、座標を使いこなせるようになると、
Jw_cadがより便利に使えるようになりますので、
まずは、これまでに練習してきたことを、
もう一度、練習して、習得するようにしていただきたいと思います。

 

とは言うものの、座標の使い方を練習してから、
他の機能と組み合わせるのは、みなさんの創意工夫次第で、
いかようにも便利に使えるようになると思いますので、
こちらで、しっかりと座標の使い方もマスターしてください。

 

今更ですが、座標の基本をご紹介しておきたいと思います。
座標は、ご存知のように、X軸とY軸で表されるものですので、
X軸とY軸を理解しておきましょう。
製図で表せれる座標でのY軸が縦軸で、X軸が横軸を表します。
ですから、Cadで表記する場合は、Y軸100 X軸100と表記されるのが一般的です。
これは、ペイントソフトなどでも使われていますので、
覚えておけば、他でも活用することが出来ると思いますので、
ぜひ、覚えておいてくださいね。(^_-)-☆

 

それでは、座標測定の練習を始めましょう。(^0^ )/

 

 

こちら

まずは、こちらから。

Jwcadでの座標の測定方法(1)

座標の位置を簡単に測定して、同時に測定結果を書き込んでみましょう。

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク