初心者でも超簡単 Jwcad

Jw_cad 包括処理の使い方『編集(2)』

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

w_cadのツールバー 『編集(2)』 の練習を始めます。

 

まず最初に練習していただくのは、『包括』 とゆう機能です。

 

包括』 と略してありますが、
正確に言えば、包括処理とゆうことになります。

 

これでも、その内容は、解りにくいですよね( ' へ ' ;) う~ん…

 

私も、最初は、何のことなのか?

 

どうして使うのか?

 

まったく想像もつきませんでしたから、
言葉からだけでは、理解するのは、とても難しいと思います。

 

そんな 『包括(包括処理)』 の使い方をこちらでしっかり覚えて、
みなさんの作図作業に活かしてくださいね(^_-)-☆

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(包括処理)

 

上の画像の 『編集(2)』 の 『包括』 タブから始める
包括処理ですが、
いったいどのようなものなのでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば、ある一定の範囲を指定して、
その範囲にある、不用な線などを一括で消去する機能です。

 

簡単な消去の方法としては、基本的な使い方でご照会したように、
消去』 タブから行う方法がありますが、
この消去方法と、包括処理で行う消去は、まったくの別物だと
思っていただいたほうがいいと思います。

 

文章力の乏しい私には、文字での説明は難しいですから、
まずは、キャプチャー動画をご覧ください。

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(包括処理)

 

いかがだったでしょうか?
一般的な 『消去』 の方法と違って、
範囲選択するだけで、簡単に不用な線が、一括で消去できていましたよね^^

 

最初に、一度失敗例として、「?」 マークを付けていたんですが、
お解かりいただけたでしょうか?

 

本来なら、残すべき内側の正方形の一辺まで消去していたんですが、
一度、前の状態に戻して、やり直した結果では、
意図したとおり、不用な線だけ消去することが出来、
反対側も同じように、消去することが出来ていましたよね^^

 

あのように、本来の図形から、はみ出した部分も、
範囲選択するだけで、簡単に消去することが出来るんです^^

 

もし、あれだけの不用な線を一本ずつ消去するとなると、
かなりの手間と時間が必要だと思うんですが、
それが、僅か2回のクリックだけで出来てしまうんですから、
絶対、使ったほうが、早いですから、みなさんも活用してくださいね(^_-)-☆

 

次に、内側の点線、鎖線、補助線と、順番に消去していました。
このとき、最初のように、終点で左クリックすると、思い通りに消去することが出来ません。

 

このときには、終点で、右クリックしてください。

 

これで、指定されている不用な線だけ、消去することが出来ます。

 

最後に、指定範囲の不用な線を一括で消去していました。
あのように、不用な線種を全て指定してやれば、
範囲指定された中の不用な線は、全て消去されます。

 

これだったら、極端な話、補助線を沢山使って、作図したとしても、
最後に図面全体を指定して、一括で消去するんて使い方も出来ますから、
途中で、消去作業を行わなくてもいいですから、
作図の効率もグ~~~ンとアップしますよね^^

 

ですから、この 『包括処理』 の使い方をマスターしておけば、
とっても便利だと私は、考えています。

 

とゆうことで、ここで、少し実用的な使い方をご紹介しておきますので、
みなさんの参考にしてくださいね(^_-)-☆

 

Jw_cad 便利機能満載『編集(2)』(包括処理)

 

ご覧いただいたのは、壁や柱を描くときに使うと便利な使い方でしたが、
いかがだったでしょうか?
新築や改築などの図面などでよく見かけるものだと思いますから、
お家を新築された方や、改築などをなさったことがある方なら、
建築会社さんなどから、図面をいただいて、ご覧になったことがあると思いますし、
もちろん、その関係のお仕事をなさっている方なら、
日常的にご覧になっているものだと思います。

 

一見簡単そうなものですが、本当に手作業だけで、描こうとすると、
以外に時間の掛かるもので、
不用線の消し忘れや、必要な線を消してしまったりと、
イライラの原因のような要素がいっぱい詰まったものですよね (`o´)イラッ

 

でもご覧のように、いとも簡単に不用線を消去して、壁や柱構造が描けていましたよね^^
これなら、作業手順も大幅に減らせて、簡単ですし、
間違う心配も無いですから、安心ですよね (-ω☆)キラッ

 

このように、実用的な使い方を活用することで、
日々の作図の作業も少しは、楽に出来るようになると思いますよ^^

 

 

Point !
編集(2)包括処理』 の使い方としては、
本編でご紹介したような使い方になりますが、
包括処理を上手く使うポイントは、
範囲指定の範囲と線種の指定、それと、左右のクリックの使い方になります。

 

基本的には、左クリックで作業するのが一般的ですが、
指定範囲内に複数の異なる線種が混在する場合は、
終点で右クリックすると、指定した線種のみを消去することが出来ます。

 

実用的な使い方の最後に紹介していた、
壁の開口部分の描き方では、終点を指定するときに、
Shifit』 キーを押しながら
左クリックして、終点を指定するようにしてください。

 

包括処理の使い方をマスターして、
日々の作図作業を少しでも楽に行えるように、しっかり練習してくださいね(^_-)-☆

 

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 分割処理の使い方『編集(2)』

Jwcadツールバー 『編集(2)』 の 『分割処理』 の使い方を練習しましょう(^0^ )/

 

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター
マツエク